「ほっ」と。キャンペーン
いちご狩りのあと、
Woodinville(ウッディンビル)にある
"21 acres(21エーカー)"というところに寄ってみました。

まだ建物はできて1~2年とかで、新しい。
屋根の上にソーラーパネルがついてて、
これでほとんどの電力をまかなっているとか。
sustainable(持続可能)エネルギーだね↓
d0172957_5295788.jpg



ここは、友達が調べてきてくれて、
なにやらマーケットがあるらしい、
というなんとな~くの情報のもと、いってみたんだけど、
マーケットだけじゃなく、
school(学校)とか、farm to table(農場からテーブルへ)とか、
いろいろ書いてある。
興味しんしんで中へ。


ワシントン州産のいろいろな農産物や加工品が置いてありました。
smoked salt(燻製塩)とか珍しい食材もあったよ↓
d0172957_5304268.jpg



これ、初めて見た。
grape seed flour(ぶどうの種の粉)だって。
グレープシードオイルっていうのはよくあるけど、
粉にしてbaking(ベーキング)もできるんだね。
ココアみたいな色で、
メルローとかシャルドネとか、ブドウの名前がついていて面白い。
しかもグルテン・フリー↓
d0172957_5301318.jpg



野菜も置いていて、どれもピーンとみずみずしく、
新鮮で、おいしそうだった↓
d0172957_5323155.jpg



私はここで茶色いローカル卵を購入。
チーズもあった↓
d0172957_5302778.jpg



1ダースで4ドルだけど、135セントから買えるんだって↓
d0172957_612613.jpg


マーケットは水~土にあいているみたい。
買い物を終えて、外に出ると、
二階へ続く階段があって、
気になるのでのぼってみた。


ここは、レストラン?料理教室?


そしたら、たまたまシェフの方が出てきて、
この施設のコンセプトやプロジェクトについて丁寧に説明してくれたemoticon-0117-talking.gif


ここはレストランじゃなくて、
子どもから大人まで
誰でも参加できる
料理のクラスをやっているんだって。


キッチンのレンタルもできるみたい。


すごいー!こんなところがあるなんてemoticon-0104-surprised.gif
うちの母をぜひ連れてきたい。



敷地が21エーカーあって、
裏のファームは自由に見学できる、
ということなので、
行ってみました↓
d0172957_5373749.jpg



入り口のところに、手作りっぽい案内コーナーがあって、
地図を借りられるようになってるから、便利↓
d0172957_5372884.jpg



ずんずん奥へ↓
d0172957_537507.jpg


途中、窯焼きピッツァ?がつくれそうな
窯があり・・・
料理教室でも使うのかなー?これ、いいなぁ
d0172957_5375613.jpg




ヤギ発見!
くっちゃら、くっちゃら、何かを食べていた↓
d0172957_538332.jpg




畑にいくと、ファームのマネージャーの人が
またまたいろいろ教えてくれた。
コーンやらサマースクワッシュやら
いろ~んな野菜を植えていて、
作った作物は、もちろん販売用に卸したりもするそう。



家庭菜園をやっている私としては
コミュニティガーデンが気になる。
とのことで、ヒントを得に、見学させてもらう。



これはセロリか。
う~ん、こうやってヨーグルトの容器を使うと、土が節約できるなぁ。
トマトに応用できそうだ↓
d0172957_5382840.jpg



大き~いネギ坊主。
あの、ツボミの中は、こんなふうになっているのか・・・!↓
d0172957_5383473.jpg



これは、鳥よけ?
すっごいクリエイティブ!emoticon-0104-surprised.gif
d0172957_5381362.jpg


キッチン用品をフォークで土台にとめている↓
d0172957_5381746.jpg



シルバーのキラキラした風車を
さしている畑もあった。
これなら簡単で、
カカシより鳥を撃退できそう。


びっくりしたのが、これ。
小さいパイナップルがなってる。
すごい~、ワシントン州でも畑で育つんだ~。お見事!↓
d0172957_5383972.jpg



コミュニティガーデンをでて、
ファームに戻る。
ほんとに、広いな~、ここは。
のどかな風景で落ち着くな~↓
d0172957_6225983.jpg



と歩いていたら、野うさぎ発見!↓
d0172957_6243630.jpg




家庭菜園に生かせそうなヒントを得られたファームツアー、
楽しかった~。

お料理のクラスも気になる。
ウェブサイトを見たら、今は
smoked meat(肉の燻製)なんかをやっているみたい。


もっとたくさんの人に知られて、
プロジェクトが盛り上がるといいですね!
[PR]
strawberry U-Pick(イチゴ狩り)に行って来ました↓
d0172957_21443333.jpg




場所は、Carnation(カーネーション)にある、
Remlinger farms(レムリンガー・ファーム)というところ↓
d0172957_21445852.jpg



去年、一昨年の春~初夏はなんだか寒くて、
「ベリーが全然ダメだね」なんてみんな言っていたけど、
今年はわりと暖かい春だったから
期待して行って来ました。

どの粒も、甘い!うれし~emoticon-0152-heart.gif
スーパーに売ってるのとは全然違う甘さだ
d0172957_21445369.jpg



夢中でとって、
あっという間に、かごがいっぱいに。
ちなみに、$1.5/lb(1パウンドで1.5ドル)でした↓
d0172957_21444750.jpg



気が付くと、人が増えてる!emoticon-0104-surprised.gif
d0172957_21444217.jpg



イチゴは小さい子どもでも採りやすいからか、
子ども連れが多かったです。

手と口をイチゴの汁で真っ赤にしてる子とか、
お父さんお母さんと一緒におしゃべりして
「ボクはストロベリー・アイスクリームが好き!emoticon-0117-talking.gif
「私はストロベリー・ジャムと、ショートケーキをつくるのemoticon-0117-talking.gif
と夢を語っている兄弟とか。

それを傍らで聞いていたら、
私も無性~にストロベリー・ショートケーキが食べたくなった!
(あ、私の場合は日本のショートケーキですが)


かごいっぱい、12パウンドも収穫しました!
しゃがんだり、立ったりの作業だから、けっこう疲れますなぁ~
d0172957_21452015.jpg




イチゴって、あるとほんとに幸せになれる食べ物。
なんでだろう?
しかも、それがこんなにたくさん!emoticon-0115-inlove.gif
d0172957_21434233.jpg




面白いことに、
形のいいイチゴの株からは、形のよいものばかりがとれ、
一部くぼんでいるイチゴの株からは、同じような形のものばかりがとれる・・・。
遺伝子って不思議だ↓
d0172957_2143465.jpg



U-Pickに行った日は、帰宅後がけっこう大変。
全部洗って、選別して、水分をきれいにふいて・・・。
こんなになった。
形の悪いものとripe(熟)しすぎてるものは、
ジャムにするから、
ヘタをとってready-to-cook(いつでも料理できる状態)にしたよ↓
d0172957_2144337.jpg



洗うとダメージが早く来るみたいなんだけど、
やっぱり泥が気になるし、
すぐ加工するからいっか。


これはデビブ用。超甘そうな粒を取り分けて、
帰宅後のおやつに↓
d0172957_21435777.jpg




さて、ジャムのほかは、何を作ろうかな~?
帰り道に、違うファームで新鮮な卵も買ったから、
やっぱり、ストロベリー・ショートケーキかな!?↓
d0172957_21441228.jpg

[PR]
先日、軒下のhanging basket(つりカゴ)のナスタチウムに
黒いaphid(アブラムシ)がついているのを発見しましたemoticon-0107-sweating.gif
このカゴね
d0172957_2144681.jpg



テントウムシを買いにいったけど見つからなかったので、
スプレーで撃退するか!emoticon-0165-muscle.gif

でも、野菜にも使いたいから、
なるべくケミカルは使いたくない。

オーガニックで育てたい。

ということで、先日、あらたなスプレーを作りました。

garlic & pepper spray(にんにく&ペッパースプレー)です。
材料はこちら。
ニンニク、ハラペーニョ(hot pepper-辛いペッパー-なら何でもいいと思います)、熱湯、石鹸、ヴァセリン↓
d0172957_1341734.jpg



手元に石鹸とヴァセリンしかなかったので、
固形のものを削って入れたけど、
液体のDr. Bronner's soapとか、
ヴァセリンと同じミネラルオイルのベビーオイルを使ったほうが、
作業は楽だと思います↓
d0172957_134457.jpg




これを全部、ブレンダーにかける!
スムージーと間違って飲まないでね!
d0172957_1343098.jpg


私はこの後、エキスをより抽出するために
1日steep(浸す)しておきました。
家の中がものすっごい匂いになりました。。。

翌日、布でこしました。
この作業があるから、ニンニクの皮はきれいにむく必要はありません↓
d0172957_1341062.jpg




液ができたら、ジャーに保存。
使うときは、液1/4カップ+水5カップで
薄めて使用します↓
d0172957_134423.jpg




ちなみに、これは最近お気に入りのハーブの本
The Northwest herb lover's handbook』に書いてあった方法です。


ナスタチウムにスプレーして、
今のところ、調子はいいです。



ところで、我が家のキュウリの苗も、
一部、虫に食われています。
よく探しているんだけど、
なかなか犯人が見つからないの・・・!emoticon-0107-sweating.gif
なので、キュウリの苗すべてにも、
カーリック&ペッパースプレーを噴射!↓
d0172957_131591.jpg



キュウリの苗は、
今のところ、
四方を、チャイブ、ミント、マリーゴールドで覆い
がっちりガードしているんだけどね・・・。
虫が寄り付かないように↓
d0172957_1312070.jpg



レイズドベッドにも、
虫除けのためにネギを植えました↓
d0172957_1313158.jpg



それから、土の中の環境をよくするため
マリーゴールドも植えた。
土の中の変な虫が嫌うらしい↓
d0172957_1312669.jpg




これは効果があるかわからないけど、
虫除けのために、
ミントの葉を切ったものを
畑の表面にばらまいています↓
d0172957_1313629.jpg



トマトは、虫のつきにくいハーブ類を周りに植えて
がっちりガードしているせいか、
今のところ、とっても健康emoticon-0100-smile.gif
curry plant(カレープラント)は100%虫除けのために植えてる
d0172957_131412.jpg



ハーブを植えてるのは虫除けのためだけじゃなくて、
コンパニオンプランツとして、
野菜の風味をよくするためでもある。


peas(まめ)の間には、
french tarragon(フレンチタラゴン)を植えたよ~↓
d0172957_1314629.jpg



snow peas(さやえんどう)とsnap peas(スナップえんどう)を植えました。
この自作のトレリスがつるでいっぱいになるのが楽しみemoticon-0115-inlove.gif
d0172957_1315136.jpg




オクラも種から育てているんだけど、
気温が低いせいなのか
いまいちうまくいかない。
オーガニックで100%成功は無理だと分かっているけど、
なんとか育てたいなぁ↓
d0172957_132410.jpg





◎夏を愉しむシャイロ
夏だから?ていうわけじゃないけど、
キュウリを食べています↓
d0172957_1325662.jpg




実はこの日、午前中にポテサラを作って、
午後出かけて、帰宅したら、
ボロボロにもてあそばれたキュウリが床に転がっていました・・・。

ドジな私が、調理中に一本床に落としていたらしいの。
それを、シャイロがおもちゃだと思って、留守中、遊んでいたみたい。
ふぅ~、変なものじゃなくてよかったemoticon-0141-whew.gif

「これ、toy(おもちゃ)じゃないよ、food(食べ物)だよ」
と何度もいったら、
ボリボリ食べ始めました。
面白い子!
[PR]
今月に入ってから、
ガーデンの野菜を少しずつ収穫しはじめましたemoticon-0155-flower.gif


まずは、二十日大根というだけあって、
あっというまにできたradish(ラディッシュ)。
やっぱりアパートのバルコニーより、畑のほうが大きく育つなぁ
d0172957_0394525.jpg




最初は、「使うときに収穫しよう」と思い、半分だけとって、
半分は畑に残したのですが、
ラディッシュって、あんまり畑に放置しておくと
スが入るみたいなので、やっぱり同じ日に全部収穫しました。
いい色!emoticon-0115-inlove.gif
これは細長いフレンチ・ブレックファストという種類
d0172957_040622.jpg



葉っぱは湯がいてお味噌汁用に冷凍。
大根部分は、よく洗って、
酢漬けに。
1~2晩で完成。カリッ、ポリッと、いい箸休めになります↓
d0172957_0345287.jpg



それから、水菜もボーボーに生えてきたので、
花が咲く前に、もう一回生やしたいから、
少しずつ収穫することに↓
d0172957_0484321.jpg


これはpurple mizuna(紫水菜)という種類で、
やや苦味が強いので、
豚バラ巻きにして焼いたり、
こんなふうに生春巻きにして食べています↓
d0172957_0335887.jpg



今週の我が家のスターemoticon-0171-star.gif
小かぶ。
昨日、ためしに3本ほど引っこ抜いてみたら、
けっこういい感じに生長していました!↓
d0172957_0482312.jpg



これ(↑)は味噌汁にいれちゃった。
フレッシュでカブの部分がやわらかくて、おいしかった。



この畑の、中央よりやや右よりのラインで、
わっさわっさと葉が生い茂っているのが、小かぶです↓
d0172957_0473058.jpg




それから、収穫にはまだまだだけど、
ペッパーの実が大きくなってきました!ワーイ!emoticon-0123-party.gif
今年のガーデンで一番育てたかったのがペッパーだから、
収穫がとっても楽しみです。
これは、Hungarian Wax Peppers(ハンガリアン・ワックス・ペッパー)という種類。
d0172957_0473884.jpg




そして、こちらも。。。
トマトの小さい実がついていました!
これはミニじゃなくて、普通の大きいトマトなの↓
d0172957_0475358.jpg




実がついてくると、だんだん、鳥が心配になってくる。。。
scarecrow(かかし)、ほんとに作ったほうがいいかな~。emoticon-0107-sweating.gif
[PR]
Kent(ケント)の友人夫婦が、
Puerto Rican food(プエルトリコ料理)のランチを
ごちそうしてくれました↓
d0172957_6173137.jpg




全部、ご主人の手作りです!
これは、tostones(トストネス)を作っているところ↓
d0172957_6165215.jpg



トストネスは、 plantains(プランテン)というバナナを揚げた料理。
最初に一回素揚げしたら、
この特別な折りたたみ調理器具に乗せます↓
d0172957_617482.jpg


つぶして・・・↓
d0172957_617844.jpg



こんなふうになります↓
d0172957_6171469.jpg


それを再度、揚げてできあがりemoticon-0105-wink.gif
d0172957_6171740.jpg



マヨネーズとケチャップを混ぜたソースにつけていただきます。
ホームメイドの揚げたては、以前お店で食べたものより
何倍も美味しかったemoticon-0148-yes.gif
d0172957_6172226.jpg



メインは、チキンと、豆のシチュー、ごはんです。
豆のスープには、じゃがいもや野菜がゴロゴロ。
ごはんを炊くのにも油が入っていて、全体的にけっこう重めなのですが、
全部おいしくて完食しました!↓
d0172957_6172751.jpg



プエルトリコ料理をちゃんと食べたのは、初めてだったけど、
初めての経験が、こういう家庭の美味しい料理だったのは
とってもラッキーemoticon-0100-smile.gif
未知なる世界に、また一つ踏み出せました。


ドリンクはメキシコ産のネクター↓
d0172957_6165554.jpg



ランチ後、ケントの街に繰り出してみました。

男子チームはまっすぐ、ここへ。
目的は、昼間からのビール!!emoticon-0167-beer.gif
Airways(エアウェイズ)というローカル・ブリュワリー。
航空会社をモチーフにしているらしい↓
d0172957_6174064.jpg




女子チームは、街をブラブラすることに。
ちょうど、卒業式の日だったみたいで、
人出が多かった。
ケントはアフリカ系の人々がけっこう多くて、
カークランドとはまた違った雰囲気。


途中、友達おすすめのベーカリー、
Wild Wheat Bakery(ワイルド・ウィート)へ。
行ってみて気づいたのだけど、ここのブレッドはPCCにも置いてある!
ここの、Kalamata olive bread(カラマタオリーブ・パン)が
私のスーパーお気に入りブレッド!
この日は、サワードウのローフブレッドとケーキを買う。
チョコレートムースケーキ、おいしかった!↓
d0172957_6164194.jpg




その後、暑くなってきたので、
ハワイアンのカフェに入る。
ウクレレ教室をやってた。
冷たいコーヒーを飲みながらおしゃべりしていると、
なんと、お店の人が、
sliders(スライダー。小さいバーガー)をサービスしてくれた!
やさしい人~↓
d0172957_6173495.jpg




カフェでゆっくりしてから、
男子チームのいるブリュワリーAirwaysに戻ると、
デビブはすっかりできあがっていた。
「ベーカリーでよく2時間も過ごせるね~emoticon-0117-talking.gif」だって。。。
違うよ!あちこち行ったんだよ~!


そっちこそ、何杯飲んだの?
Loud Lady(ラウド・レディー)は限定ビールだから
一人3杯までしか飲めないの。
だから3杯飲んだんだ~emoticon-0117-talking.gif
Loud Lady=機内でうるさい女性客、をモチーフにしたビール
d0172957_6174453.jpg



なるほど、少なくとも3杯以上は飲んでいる、ということか・・・。


友達の家に戻り、ネコちゃんにバイバイして、、、↓
d0172957_6175126.jpg



酔っ払いデビブを乗っけて、ケントからドライブ。
う~ん、私のドライブの腕も上達したな~。


自宅についてからも、
「ファミリーも友達も、オイラ、全部好き!emoticon-0115-inlove.gif
とゴキゲンなデビブでした。
ほんとに、楽しい週末をありがとう!
[PR]
# by masmic2010 | 2013-06-18 06:54 | ★Foods