「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今日は、友達とDowntown, Seattle(シアトル中心街)に行ってきました。

なぜか、Westlake Center(ウエストレイク・センター)前の木が青くなっていて・・・↓
d0172957_1581550.jpg



ブルーマンみたい・・・↓
d0172957_158239.jpg



ちょっと晴れてきて、噴水も気持ちがよい↓
d0172957_1582849.jpg



風は冷たいけど、晴れるとこんなに気持ちよい景色なシアトル。
この道路は、なくす方向で今、工事中みたいなんですが・・・
d0172957_1583478.jpg



腹ごしらえもして・・・↓
d0172957_158464.jpg


散歩がてら、ちょこちょこお店に入ったり。
女子同士のショッピングは、楽しいね!


Anthropologie(アンソロポロジー)で見つけた、
このタンブラーに一目惚れ。
友達とおそろいで買っちゃったemoticon-0115-inlove.gif
キッチンタイマーもカワイイ。
新しい家の冷蔵庫にくっつけよう↓
d0172957_1585043.jpg



タンブラーの底にも、こんな絵が↓
d0172957_158559.jpg




別のお店で、
友達が購入した、茶濾し(?) これもカワイイemoticon-0152-heart.gif
メッシュのところに、紅茶の茶葉を入れ、
それをお湯を入れたカップに浮かべるの。
すると、お風呂に浮かんでるダックみたいになって、
紅茶もできる、という、ユニークグッズ!↓
d0172957_1585941.jpg





家に帰って、お疲れさま会&ディナー。
今日はポークリブと、昨日の続きサルサ&グワカモレなど↓
d0172957_1511669.jpg




明日は晴れだーemoticon-0157-sun.gif
またまた、楽しみ!




◎シャイロのお気に入り
最近購入した、ピンクのbiodegradable dog waste bags(生物分解される犬のウンチ袋)。毎日捨てるものだから、環境によい袋を、と700袋も大量購入。
「ボクはその奥のおやつが気になるよ!」by Shiloh
d0172957_1512016.jpg


[PR]
昨日、日本から友達が遊びにきてくれました!
女子トーク、楽しいemoticon-0115-inlove.gif

友達はknitting(編み物)が得意なので、
手袋を作ってくれました↓
d0172957_15322065.jpg



かわい~いemoticon-0152-heart.gif
d0172957_15322481.jpg



あと、今日はGuacamole(グワカモーレ)も作ってくれた。
salsa(サルサ)は、デビブの好きな
Wildwood®/Emerald Valley Kitchen® Organic Salsa
これも美味しい↓
d0172957_153352.jpg


今朝は、シナモンロールを焼いて、一緒に食べたり↓
d0172957_15321111.jpg



近所に買い物に行ったりしています。

日本からも、お土産を持ってきてくれたんだけど、
なかなかナイスな品揃え!emoticon-0148-yes.gif
ゆずみそ、とか。
桜の花びらの塩漬け、とか。
七味味の塩とか。
なかなかこの辺にはない代物ですわ~↓
d0172957_15331683.jpg




あとは、このお猪口
共通の友達の、Aちゃんから。
ありがとう~、すっごい素敵~!↓
d0172957_15332128.jpg



日本っぽくて貴重だし、
なんてったって、
私の名前(=マスミ)が入ってるだもん!
本当は「真澄」っていうお酒のグッズなんだけど、
自分グッズみたいで、めっちゃうれしい!!emoticon-0115-inlove.gif
d0172957_15332437.jpg





◎今日のシャイロ
ボールを水の中に放り込むシャイロ・・・。
反抗期!?↓
d0172957_15333594.jpg


[PR]
今日の新しい野菜は、
Red Kale Raab(レッド・ケール・ラーブ)です↓
d0172957_13595146.jpg



raab(ラーブ)は、rabe(レーブ)ともいいます。
ケールの、若いフレッシュなツボミ(?)の部分ですね↓
d0172957_13595257.jpg




ちなみに、broccoli raab(ブロッコリー・ラーブ)は、
日本でいうところの『菜の花』ですemoticon-0100-smile.gif




これは、Ballard Sunday Marketで購入しました。
2bunches/$5(2束で5ドル)でした。↓
d0172957_1402916.jpg



このマーケット、カークランドからはちょっと遠いけど、大好き!emoticon-0152-heart.gif
活気があって、オーガニックのローカル野菜がいろいろ置いてある↓
d0172957_1403660.jpg



産みたての卵も。
ニワトリの人形も、作ったんだね・・・
d0172957_140334.jpg



話は戻って・・・。

何を作ったかというと、
珍しくパスタを!
これ、簡単なわりに、すっごく美味しかったので、
おすすめでーすemoticon-0105-wink.gif


まず、Red Kale Raabは、1インチぐらいの食べやすい長さに切り、
熱湯でサッと茹でます。
本当にサッとです。
30秒以内!
d0172957_14031.jpg



茹でたら、湯を切り、
水に放って、drain(ザルにあげておく)します。

ケールって、苦いっていうイメージですが、
このラーブをサッと茹でたものは、
全然苦味がありません。


そのほか、
パスタの材料は、コチラ(量はお好みで)

-ベーコン, 1センチ幅ぐらいに小さく切っておく
-アサリの水煮の缶詰
-白ワイン
-red pepper flakes(砕いた鷹の爪)
-バター
-shredded Parmesan cheese(削ったパルメジャンチーズ)
-塩コショウ


d0172957_1401564.jpg



フライパンにバターを熱し、
ベーコン、アサリ、レッド・ケール・ラーブの順に炒めます。
そこに、白ワインをサーッとふりかけ、
アルコールを飛ばし、
鷹の爪、塩コショウ。
茹で上がったパスタを入れ、軽く炒めでできあがり↓
d0172957_140715.jpg



パルメジャンチーズをたっぷりとかけて
いただきます。
超簡単なのに、なんか美味しかった~。
(これが我が家の結婚記念日のディナーだったりする・・・)
d0172957_1401394.jpg


レッド・レール・ラーブ、
やわらかくて甘みがあって、
おいしい野菜ですemoticon-0115-inlove.gif


2 bunches(2束)買ったので、
翌日、残りを、casserole(キャセロール)にしてみました↓
d0172957_1404868.jpg



キャセロールって、いまいち定義がワカリマセン。
なので、超~創作。


デビブの感想⇒「想像してたのと味は違うけど、これはこれでイケルemoticon-0117-talking.gif」とのこと。
フォローありがとうよ。。。
でも、どういうキャセロールを想像してたんだろう~?
誰か、私にキャセロールの定義を教えて!
d0172957_1404412.jpg





◎Today's Shiloh
明日、日本からお友達がやってきます。
だから、掃除をしてたんだけど、
ソファの上に適当にシャイロのベッドを置いたら・・・
無理やりおさまってました(笑)
「ちょっと狭いんだよ!」by Shiloh
d0172957_1411587.jpg


[PR]
前回からの続きです)


St. Edward State Park(セイント・エドワード州立公園)の
トレイルを歩いて、
Lake Washington(ワシントン湖)の水辺まで来ました↓
d0172957_1245456.jpg



ここから、水辺のトレイルを、また0.6マイルほど歩きます↓
d0172957_12455053.jpg



水がきれいemoticon-0155-flower.gif
d0172957_1246197.jpg



木が真横に生えていて、湖の中に突っ込んでいるものもあります。
大雪かなんかで、倒れたのかな???↓
d0172957_12461128.jpg



Shiloh's new house?
(シャイロの新しい家?)↓
d0172957_12461715.jpg



この湖の向こう岸は、シアトル北部↓
d0172957_1246681.jpg




天気がよいから、モーターボートを飛ばしている人とか、
釣りをしてる人たちもいました。
水の上も気持ちがよいだろうなぁ↓
d0172957_12455710.jpg



湖沿いのトレイルを後にし、
ここから別のトレイル。少々上り坂に↓
d0172957_12463235.jpg



木が大き~いの!!emoticon-0104-surprised.gif
d0172957_12462846.jpg



木に生えている、こういうもしゃもしゃ~っとしたコケも好き↓
d0172957_12462319.jpg



seminary(神学校)のところまで、戻って来ました。
あ~、気持ちよかった↓
d0172957_12463828.jpg



それにしても、
見事な建物ですねぇ。。。↓
d0172957_12464540.jpg




ん?上のほうの窓に、人影が・・・?↓
d0172957_12464985.jpg



と思ったら、
Raggedy Ann(ラガディ・アン)でした。
「オイラも小さいころ、ラガディ・アンとアンディ持ってたんだよ!」
とデビブ。
Andy(アンディ)は、アンのボーイフレンドなんだって↓
d0172957_12465564.jpg



木陰を探して、ブランケットをしいて、お昼寝することに。
シャイロ、水をガブガブ一気飲み!
その後は、回りが気になって、絶対目線を合わせない↓
d0172957_1247215.jpg



ごろ~んと寝転がって、気持ちい~い。
校舎の階段にBBQグリルが!ここ、上階に管理人が住んでいるんだって!
昼間はいいけど、夜怖そう・・・

d0172957_132388.jpg



風見鶏だ~↓
d0172957_133215.jpg



空にプカプカ、雲が浮かんでるなぁ。。。
気持ちよ~い、休日だったのでした。
やっぱ、晴れの日サイコーemoticon-0148-yes.gif
d0172957_1355583.jpg

[PR]
週末は、すっごくよいお天気!!emoticon-0157-sun.gif
お弁当を持って、
Saint Edward State Park(セイント・エドワード州立公園)に
行ってきました↓
d0172957_9214098.jpg



ここ、住所はKenmore(ケンモア)なんですが、
Kirkland(カークランド)北西の、
Finn Hill(フィンヒル)というエリアにあります。

ここはState Park(州立公園)なので、
入場にはdiscovery pass(ディスカバリーパス)という入場許可証が必要です。
一日10ドル(車2台まで)、一年で30ドル。
うちは公園大好きemoticon-0115-inlove.gif一家なので、30ドルのパスを買ってあります。
これで、州立公園どこにでも、一年間入れます。


ディスカバリーパスは、オンラインでも買えるし、
公園内でもこういうとこで買えます。
レンジャーがビシバシ切符を切ってたので、ご注意を!emoticon-0133-wait.gif
d0172957_9211865.jpg



さて、ここの公園には、
元、seminary(神学校)だった建物があります↓
d0172957_9204618.jpg



公園の隣には、
Bastyr university(バスティア大学)という、
ナチュラル・ヘルス&サイエンス系の私立大学もある。
ぜいたくな環境だ~。



神学校とその敷地は、
1977年にワシントン州に売られ、
翌年、公園としてオープンしました↓
d0172957_921820.jpg



カトリック系の神学校だったみたい↓
d0172957_922625.jpg



結婚式もできるんだって。ステキ↓
d0172957_9211373.jpg



神学校の近くに行く前に・・・



デビブがソワソワ。
なぜなら、
Picnic Time!!(ピクニックの時間)だから。
デビブのリクエストで、おにぎり。
サーモンと、おかかと、青海苔&チーズ味。
おかずは卵焼きと、ミートボール。
テーブルクロスは、京都土産のふろしき(笑)↓
d0172957_9205196.jpg



デビブ、来る前につまみ食いしてただけあって、
お弁当を前に、もうテンションMAX!!↓
d0172957_9205515.jpg




外で食べるお弁当は、最高です↓
d0172957_920594.jpg



お弁当を食べ終わり、
トレイルを歩くことにしました。
神学校の裏へ回ります。
広々~とした芝生が広がっています↓
d0172957_9212295.jpg



新学校を後に、
Lake Washigton(ワシントン湖)めざして、
いざLet's go!
d0172957_9212761.jpg



森林浴が気持ちよ~い。
私たちの選んだコースは、0.6マイルだから、そんなに遠くありません↓
d0172957_9213570.jpg



あっという間に、湖へ到着しました↓
d0172957_921444.jpg




(2)つづく!
[PR]
今日のエントリーは、
犬に興味ない人にとっては
「はぁ?なんのこっちゃemoticon-0114-dull.gif」っていうかもしれないお店なんですけど。。。


シアトルのNorthgate(ノースゲイト)にある
Bark! Espresso(バーク・エスプレッソ)というカフェにいきました↓
d0172957_0543162.jpg



"犬も入ってOK"なカフェなので、
どういうところか気になって・・・。


この真ん中の白いドアが、カフェの入り口。
左隣には、doggy day care(犬の保育園)が隣接していて、預けることができます↓
d0172957_0551618.jpg



お店の人に念のため
Can my dog go in with us?(犬も入れますか)」って聞いたら、
「犬と入れる部屋は隣にあるから、そちらで注文してね」
とのこと。
白いドアは、人間オンリーのスペースらしい。



で、すぐ隣の、犬と入れる部屋へ。
ソファーとテーブルがあって、
不思議空間だ~↓
d0172957_0544243.jpg



シャイロも一緒にソファーに座る。。。
家にいるみたいだ~↓
d0172957_055888.jpg



この部屋には、小さな窓がついてて、お店のお姉さんが
「ここで注文してねemoticon-0105-wink.gif
とのこと↓
d0172957_0545299.jpg



窓のところに、犬用のtreats(おやつ)が入った瓶がありました↓
d0172957_0551037.jpg



「これは自由にあげていいわよ」
とのことだったので、
シャイロにもあげてみる↓
d0172957_0545896.jpg




この空間は、犬OKなだけでなく、
free Wi-Fi(無料インターネット)も楽しめます↓
d0172957_0544710.jpg



なので、持参のラップトップで、
リアルターのケビンとメールを始めるデビブ・・・。
(このとき、ちょうどオファーを入れるかどうか考え中だった)
d0172957_05527.jpg



デビブが自分のこと始めたし、
他に犬のお客さんもいないし(来た時間が早すぎたらしい)、
なんかつまらん・・・emoticon-0114-dull.gif



このカフェでの唯一のハイライトは、
置きっぱなしのクリスマス・デコレーションの箱を取りに来た
犬好きのおばさんと、少々触れ合った程度。
(もう4月なのに、なぜ今頃取りにきたんだろう?)



てなかんじで、
「なんか、家にいるのとあんまり変わんないじゃん?」
っていうカフェだったのでした(笑)↓
d0172957_0543792.jpg



でも、カプチーノ、おいしかった!
犬連れの友達同士でちょっとお茶するには、よいかもemoticon-0105-wink.gif
[PR]
今日は、私たちが
どういった流れでアメリカの家を購入するのかを、
(私の知ってる範囲で)ざっと書いてみたいと思います。

シアトルとイーストサイドを結ぶ、520の橋↓
d0172957_1551550.jpg




■まず、今年1月に、デビブが銀行に行って、
自分らはどれくらいのローンを組めるのか、
いくらぐらいの家を買うべきか、を相談しました。

そしたら
予想以上に少ない金額で、がっかり!


■その後すぐ、realtorリアルター。不動産業者)のケビンに会いにいきました。
(デビブの会社の同僚で、去年、家を購入した人がいたので、
その人にケビンを紹介してもらいました)




初日、ケビンと会っていろいろ話したら、
「よし!I will find your house!(僕が君たちの家を見つけるよemoticon-0165-muscle.gif)」
と言ってくれ、お願いすることになりました。
(リアルターには、この時点ではまだお金は払いません。買う家が決まって契約が成立したら、買う側のケビンと売る側のエージェントにcommission-手数料-が渡る仕組みです。)


■ケビンはまず、不動産ブローカーを紹介してくれました。そのブローカーに、改めて「いくらのローンまで組めるのか」を相談したら、デビブの相談した銀行よりもっと大きい金額でもOKであることが分かりました。これは、収入や預金のほかに、クレジットヒストリーの成績や、現在借金があるかどうか、などを総合的に判断して計算してもらいます。


■買える家の金額がわかったら、あとは自分たちでオンラインで物件を探し、見たい物件があったら、ケビンに連絡し、連れて行ってもらいました。


ケビンはすごく率直で、すぐに「ここはNO!emoticon-0145-shake.gif」「ここは窓が新しいけど屋根がやばい」などと言ってくれるので、私たちはとても助けられました。


-裏に送電所があったりすると、「売るときに大変になるからNO!emoticon-0149-no.gif
-「Heat energy source(家の加熱エネルギー源)は
electric(電気)よりnatural gas(ナチュラルガス)のほうがお得emoticon-0148-yes.gif
-「cul-de-sac(袋小路)の家は売りやすいemoticon-0148-yes.gif
-「negotiation fee(交渉料)がかかる家は、やりとりが面倒だemoticon-0149-no.gif
-他のエージェントの名刺がいっぱい置いてある家は「やばい
⇒売りに出てすぐの家なら「人気ですぐ売れる物件だから、後で値が釣りあがる恐れありemoticon-0124-worried.gif
⇒しばらくずっと出ている家なら「どこかに欠陥があり、なかなか売れない。買わないほうがよい物件であるemoticon-0149-no.gif


あと、壁の穴の直し方から、blackberry bush(ブラックベリーの茂み)の駆除方法、ペンキの安い購入方法などなど、ここには書ききれないくらい、さまざまなことを教えてくれました。


■家探しの際、私はキッチンにこだわりがあって、その旨をケビンに伝えたのですが、それを聞いて、デビブにこう言っていたそうです。

Happy wife is a happy life.(奥さんが幸せだと、(男の)人生も幸せなんだよ)だから僕はマスミの希望を尊重するよ。たしかにキッチンは大事だ」と。
なので、私がこだわっていた、ガスのcooktop(レンジ台)とか、窓があることとか、そういうポイントを重要視してくれたんです。


こうして、家を見つけ、
見事なフットワークでオファーを通してくれました。
オファーが通ったら、今度はリアルターからブローカーに、
私たちの相棒が移ります。


友達のKittyちゃんが、結婚記念日にくれたお花。キレイ↓
d0172957_1552347.jpg



ブローカーは、ローンにまつわるもろもろの、お金に関する計算をする人です。
このブローカーRさんは、ものすごく対応が早くて、怖いくらいです(笑)
アメリカに来てからというもの、どちらかというと、相手の仕事が遅くて待たされてイライラ・・・っていうことのほうが多かったので。やはり、金額が大きいと、仕事も早いのかな?

Rさんに聞きながら、支払いについて進めていきます。いつごろアパートを退去するべきかとか、そういった進行具合についても。


■あと関わりがあるのは、インスペクター(私たちはもう終えています)、Escrow companyエスクロー会社)、タイトルカンパニー銀行など。


Escrow companyとは、売り手と買い手の間に入って、お金や書類を管理したりしてくれる委託業者です。私たちはオファーのときに、「頭金のうち、今すぐ払う金額はコレコレ」というものを約束しているので、そういうものはEscrow companyに払いました。残りの頭金は、closing(クロージング。契約の最終決済)のときに払います。


タイトルカンパニーは、市やカウンティなどへの登録など、登録関係をやってくれる会社です。


あと、appraisal不動産鑑定)をやってくれる人もいるはずなんだけど、これはどこに属するのか、いまだにワカリマセン。この人は、家の買値が本当の資産価値と比較して妥当かどうか、買い手がだまされていないか、調べてくれるんだそうです。



Closingまで、こういったスペシャリストたちと関わって、
手続きをしていきます。
家を買うって、いろ~んな世の中の勉強になりますね(笑)
[PR]
みなさん・・・!!!!
昨日、いろいろな人に祈願してもらったおかげで、、、、


Our offer was accepted!!
私たちのオファーが
受け入れられました!!!



他にもオファーを入れた人が複数いたし、
down payment(頭金)だって、私たちそんなに多くないのに、
まだ信じられません!

(というわけで、今日のエントリーも長いです)

今日は家の写真がないので、週末に行ってきたO. O. Denny Parkの写真を・・・
d0172957_6222187.jpg




昨日の夜、寝る前に、
「ここはダメもとだから、just in case(念のため), 別の物件で次に見たいのはコレコレです」
と、リアルターのケビンにメールをしたら、
Congratulations!(おめでとう)決まったよ!」
と連絡がきたのです。



もう、デビブと一緒にぽか~んとしてしまって。。。emoticon-0104-surprised.gif
昨晩はあまりぐっすり眠れませんでした。

d0172957_622462.jpg




ここで話を
昨日に戻しますね。



昨日、オファーを入れる直前、
デビブが尻込みして、
inspection(インスペクション)後の交渉権を放棄する」のをやめる、という決断をしたところまで書きました。


それから、実はケビン(リアルター)との間で話が二転三転し、
こういうことになりました。


まず、
down payment(頭金)のうち、
今すぐに売り手側に渡す金額を、ぐっと増やすこと。

inspection後の交渉権を放棄する」という切り札は、
買い手側にとってはギャンブルだけど、
売り手側にとっては、かなり魅力的である⇒私たちが選ばれる可能性が高まる

でも、やはり私とデビブが不安に思っているので、、、
オファー前にinspectionをしてしまう!
その結果、
大きな問題がなければ、
inspection後の交渉権を放棄する」欄にチェックを入れて、オファーを入れる。

という作戦です。



もう、素人には何が何だか。。。
そんなこと、できるの?ってかんじでした。

d0172957_6211758.jpg



inspectionに関しては、今まで、
いろいろな人の体験談を聞いたり、読んだりして、
その重要性をありありと実感していたので、
「私たちは、
リアルター推薦者ではなく、自分で選んだインスペクターを連れて、
床下から屋根裏まで一緒に入って検査する!」

と、当初は意気込んでいたのですが、、、



私たちのリアルター(ケビン)の
フットワークの軽いこと!
ネットワークの広いこと!


ケビンから、「じゃあ今からインスペクションやるよ!」
と連絡がきて、でも私もデビブも仕事などで急に立ち会えないし、、、
と言っていたら、じゃあケビンが立ち会うから、という話になりました。


こうして、インスペクションをすることになりました。
でも、インスペクションするのはいいけど、
ちょっと、不安ですよね。
だって、いくら買い手側の人間とはいえ、
私たちが雇ったinspector(住宅診断士)じゃないですから。


でも、
デビブが電話で話したところ、すごくよい人だとのこと。
さらにさらに、
この家をリモデルした大工さんが、
ケビンの知り合いだったということが判明!
なので、その大工さんに電話して、話を聞くことができたんです。


すると、新たな事実がわかりました。


この家は、ある人(現オーナー)が、
ガラスアーティストであるお母さんのために買い、
お母さんのためにきれいにリモデルしたこと。
しかし、そのお母さんが数ヶ月前に亡くなってしまったこと。
それで、いま売りに出ているということ。
つまり、
投資家が、転売目的で所有しているものではないこと。
高く売るためのリモデルではなく、
お母さんのための心をこめたリモデルであったこと。


それを聞いて、
ケビンにインスペクションをまかせる決意が固まりました。


だって、きっと
お母さんのために買って直した家なら、
「見た目はよいけど、実は土台が崩れてる」などという
悪質な家ではないだろう、と思ったから。

d0172957_6223545.jpg




数時間後、
インスペクションの結果、
大きな問題はない家であることがわかりました。ほっemoticon-0141-whew.gif


少々大きなものといえば、
water heater(湯沸かし器)が、もうすぐ取り替える必要がある、ということでした。
ただ、大きな修理を頼むと、売り手側が引いてしまうので、
これは後々、自分たちで修理することにし、
それ以外の本当に小さな部分(ガラージのドアの調子が悪い、など)は
オファーのときに、ケビンが売り手側に交渉して直してもらう約束をすることになりました。

その上で、
inspection後の交渉権を放棄する」を選んで
オファーを入れることになりました。



こういう裏技ってありなのね!?
素人には想像もつきません。。。


d0172957_6211832.jpg



そして、昨日の夜のケビンからの「おめでとう」メール。

今朝改めて、なんで私たちに決まったのかを聞いたら、
やはり決め手は
inspection後の交渉権を放棄する」が大きかったらしいです。
売り手側の心理をついた、ケビンの作戦勝ちでした。

emoticon-0133-wait.gifあ、みなさんにこの方法を薦めているわけではありませんよ。業者によっては、グルになって騙す人たちだっているかもしれないし、最悪な家だってあるから、これはあくまでも、こういう例もあるという、参考程度にしてくださいね~。

d0172957_6224037.jpg



というわけで、
インスペクションも、もう終わってしまったので、
あとはこれから、closing(クロージング。不動産契約の手続き完了作業)です。
closingまでは、20日ぐらいかかるそうです。
property assessment(家の本当の資産価値の査定)をしてもらったり、
いろいろな登録などをしていきます。


closingが終わると、
もう新しい家のローンがスタートします。


今まで、
私たちは
shortsale(ショートセール)の家を買うんだろうな、
とばかり思ってたから、
こんなに早く物事が進んで、正直びっくりしています。


◎おまけ
デビブが電話で話した、家を直した大工さん。
リモデル中に、ご近所の人と話したそうで、
「このneighborhood(近所)の人たちは、すごくいい人たちだよ!」って
太鼓判を押してくれました。

ケビン(リアルター)を含め、こういう人々との出会いがあって、
新しい家が決まったと思うと、本当に感謝です。
[PR]
(今日のエントリーは長いですemoticon-0133-wait.gif

この数日間、house hunting(家探し)で動きがありました。
週末3軒の家を見にいったのですが、3軒とも好きな家でした。Neighborhood(ご近所)も良い雰囲気です。これまで見てきた家々とは雲泥の差。。。
d0172957_4422143.jpg


1軒目は、家の広さは十分。アクセスもけっこう良し。だけど、屋根やデッキが古く、購入後lots of work(たくさん修理)が必要です。

2軒目は、アクセスやロケーション、日当たりが最高。ガラージも大きい。この物件はForeclosure(銀行差し押さえ物件)らしくて、ロケーションのわりには値段が安く、さらに支払い面もHomePathっていうプログラムなのでお得(後述1)。だけど、私にとって、ちと気になるマイナスポイントが。。。それは、いろいろなところが低いこと!日本人女子にしては上背がある私にとって、天井、部屋と部屋の間の鴨居っていうのかな?目線のすぐ上あたりに、とても圧迫感があるんです。あとは、カウンタートップも日本の家みたいな低さ。キッチンはリモデルしたてらしく、そこそこOKなんだけど、洗面台やシャワーの高さなど、なんかいろんな部分が低い!私、身体も硬いので(汗)、低い家は絶対イヤなのです。

3軒目は、今まで見た中で一番気に入った家です。マスターベッドルームがすばらしい。リビングが広く、キッチンも新しい。天窓があって明るい。実は、以前この家をdrive by(車で立ち寄る)したとき、たまたまopen house(関係者がいて、中に入れる日)をやってて、中を見ることができたんです。でも、あとでうちのrealtor(リアルター。不動産の仲介業者)と一緒に来たかったので待ってたら、pendingになってしまいました(後述2)
難点は、ガラージが狭いことと、私たちが必要ないhot bath(いわゆるジャグジー)がback yard(裏庭)にあること。(雨が多い地域だから、ほとんど使わないのに、維持費や取り外し費用がかかるから嫌いなのです。)ハイウェイから遠いこと。バス停は近くにあるけど、今すんでるエリアからは遠いです。歩いてお店などは行けない。


1*HomePathとは、、、一般的な例ですが、Foreclosure の物件は、裁判所でオークションにかけられます。なので、あまり素人向けではなく、不動産ブローカーや投資家などが買うことが多いのですが、この物件は最初の15日間は、プロや業者は介入しない決まりなので、素人が買いやすくなっています。さらに、通常down payment(頭金)が20%以下だと、mortgage insurance(後述3)というものを払わなければいけないんだけど、それを払わずにすむというプログラムなのです。だから、頭金が少なくても、月々のローン額を比較的お手ごろに払えるよ、って家なのです。

2*pending・・・その家を気に入った誰かが、「買いたい!」とオファーを入れると、pending(保留)状態になります。こうなると、別の人が後からオファーを入れにくい。売り手が締め切る前に滑り込めたとしても、前の人より、良い条件を提示しなければ、負けてしまいます。だから、あれ直してくれ、値引きしてくれ、などと交渉しにくくなる。


d0172957_4422850.jpg



迷って、迷って、
2軒目と3軒目にオファーを入れようか、、、と話していました。
そしたら、翌日、
新たに見つけた家がすごくよさそうで、さっそく見に行くことに。


■この4軒目が、実はオファーを入れた家です。行ってみると、昨日の3軒目をも凌ぐ、ひと目で「ここ好き!」と思える物件。中も外もきれいにリモデルしてあります。環境もよく、ハイウェイにもそこそこ近い。次に売るときも売りやすそうです。うちのRealtorも太鼓判を押す物件。

だけど、、、

Realtorが売り手側と話してみたら、
もうすでに2人もオファーを入れているとのこと!
まだactive(売買リストに登場すること)になって2~3日なのに!realtorが以前、「気に入った物件があったらすぐ僕に連絡すること!すぐ見に行くこと!」って言ってた理由がわかりました。
私たちが見に行った時間は、朝8時半。夕方4時にオファーを締め切るから、2時半までにオファーするかどうか連絡をくれ!という話に。。。
なんて急な・・・。emoticon-0104-surprised.gif


d0172957_4424210.jpg



■家に帰ってデビブと相談。
予算いっぱいいっぱいで、本当に払えるのかな~と、ここにきて、二人とも不安に。。。だけど、ready to move(すぐ引越せる状態の物件)で、見たところ、どこも直す必要がありません。appliances(冷蔵庫や洗濯機などの家電類)も全部付いてるし、屋根も、床も、ペンキも、庭のフェンスも完璧です。Doggy door(犬用のドア)ですら、もう付いていました。問題は月々の支払いだけど、5~6年ローンを払い続けて、家の30%ぐらいが自分たちのものになったら、mortgage insurance(後述3)を払わなくてよくなるので、そしたら月々の支払額も減ります。それまで、緊急で直すところがなければ、なんとかやっていけるのでは?あとは、私が働けば余裕ができるし。などと話して、オファーを入れることに!

3*mortgage insurance・・・頭金20%以下の買い手は、月々のローンにこのmortgage insuranceもプラスして払わなければいけません。ローンを払えなくなったときの補償金みたいなもの。うちは頭金3~4%でよいとブローカーに言われたので、払う必要あり。


■ただし、私たちの前に、すでに2人オファーを入れているから、
うちのrealtorが作戦を立てました。

それは・・・

家は言い値で購入。Closing cost(後述4)の半分は私たちが払う。さらに、切り札として、inspection(後述5)の結果で修理を要求しない、というもの。これはギャンブルですが、私たちが見る限り、直すところはなさそうだったので、リアルターも大丈夫なのではないか、と。う~む、どうしようか。。。

4*Closing costs・・・契約成立後に、書類や各種登録、弁護士費用とかもろもろにかかる費用。
5*inspection・・・専門家に家を見てもらって、欠陥箇所や問題点、修理が必要な場所をあぶりだしてもらう作業。素人が見てわからない、土台や屋根裏、排水管なども、細かく見てもらう。


d0172957_4423812.jpg



■と、ここで昨日の3軒目の家にはオファーを入れないことに決定。


2軒目には、入れよう、という話になりました。とにかく、ロケーションがよいのと、HomePathというファイナンス・プログラムがお得なので。
オファーの書類に二人でせっせとサインして(これが、やたらとたくさんあるの・・・)、その日の夜8時にリアルターと会って書類を渡すことになりました。



でも、、、
書類にサインする段階になって、どうしても私には、あの「低さ」が気になってしょうがない。古い・汚い箇所は自分でリモデルできるけど、高さって、けっこう直すの大変じゃない?汚いのや狭いのはまだ我慢できるけど、低いのはがまんできないと思う。。。
またまた、デビブとあれこれ話し、「せっかく大金払って買う家なのに、家のせいでふたりがケンカになるのはイヤだ」と、結局、ギリギリでオファーするのをやめることになりました。

銀行物件は、こういう訳わかんないところが壊れてること多し!↓
d0172957_4424529.jpg



■翌朝、、、
4軒目の家にはオファーを入れる決心がつき、書類にせっせとサインして、デビブに、リアルターに渡してもらいました。ただ、、、直後にデビブから電話があり、「やっぱり直前にchicken out(怖気づく)して、インスペクション後の交渉は放棄しないことにしたよ。だから、状況は不利になった」との連絡が。実は、私も昨日一晩中、インスペクションのことを考えていたので、それでよかった、とむしろホッとしました。私たち二人とも、ラスベガスでも5ドルしか賭けなかったくらいギャンブルにはチキンなので。。。


そして・・・

あとは、連絡を待つのみです。
Wish us luck!(幸運を祈っててくださいね)emoticon-0148-yes.gif
[PR]
だんだんネタが尽きてきた感のある、
新しい野菜シリーズ。。。
(知ってる野菜が30種近く増えましたからね。。。ネタ募集中です)

今回はmung beans(緑豆)↓
d0172957_6461655.jpg



ご存知の方も多いかもしれません。。。
そう、もやしになる豆です!

PCCbulk(量り売り)で少々買ってきました。
これを、一晩お水につけておきます↓
d0172957_6462111.jpg


d0172957_6462475.jpg


翌朝、お水を捨てて、
そのまま放置!
(一応、乾燥しないように、濡らしたガーゼやキッチンペーパーで蓋をしておきます)
一日、2回ぐらい、やさしくお水でゆすぎます。


すると・・・
翌日(2日目)には、
もう芽?根?が出て来ます↓
d0172957_646325.jpg


d0172957_6462943.jpg


4日目
瓶いっぱいになりました↓
d0172957_6464128.jpg


d0172957_6463762.jpg


この間、冷蔵庫ではなく、
キッチンにそのまま放置プレイです。
(1日2回水でゆすぐことをお忘れなく)


瓶いっぱいになったので、
もうすこし大き目の容器に移しました。
ぐね~っと曲がって太いもやしに育てるため、
上から軽く重しをしています↓
d0172957_6464543.jpg



5日目
d0172957_646542.jpg



成長止まらず。。。emoticon-0104-surprised.gif
この辺になったら、
私は冷蔵庫にうつしました。


なぜなら、
これ以上成長させると、
今度は芽が出てきて、
苦くなってしまうからです。
これは、6日目ぐらい。
少し放置しすぎて、グリーンの二葉みたいな芽が出てきてしまいましたemoticon-0107-sweating.gif
d0172957_6465844.jpg



living food(生の、生きている食べ物)だからでしょうか、、、
スーパーで売られているもやしのような、
日がたったときの臭~い匂いは全くしません。


もやしって、
買ってきたらすぐ使わないと、どんどん臭くなってしまいますよね。
それがない(いつでも使える)っていうのは、なかなか便利です。


さて、何を作ったかというと、
ナムル。


お湯でさっと茹でて、
ごま油とお塩で味付け↓
d0172957_647119.jpg


刻んだネギを入れてもおいしい。
6日目に赤くなっていた種子部分は、
茹でたら、さぁーっと鮮やかなライトグリーンになりました↓
d0172957_647444.jpg




本当にズボラでも、もやしって簡単にできるんですね!emoticon-0105-wink.gif



◎Today's Shiloh
「お天気がよいよ!たんぽぽがきれいなの」by Shiloh
d0172957_6472779.jpg



散歩から帰ってきて・・・。
「お家でsun bathing(日光浴)も、気持ちがよいんだよ~」by shiloh
d0172957_6474343.jpg


d0172957_6474841.jpg


[PR]