<   2011年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

久々に、マミーのレシピでlasagna(ラザニア)を作りました。
サラダのミニトマトは私が育てたものなりー016.gif
d0172957_323471.jpg




今日はこのラザニアのレシピを載せてみようと思います。
あ、お袋の味といっても、
イタリアのマンマの味ではなく、
デビブの母親の味ですから・・・ね006.gif



材料はコチラ↓
d0172957_3235410.jpg

Mommy's Lasagna(3-qt=9x13-inch baking dish)
-1 large OR 2 small yellow onion
-over 1lb ground beef OR spinach
-12 lasagna pasta
-1 26oz jar of pasta sauce(marinara sauce)
-1lb cottage cheese
-1lb bag of shredded cheddar cheese
-1lb bag of shredded mozzarella cheese


マミーのラザニア(9x13インチ=3クォート耐熱容器用)
-タマネギ 大1個 または 小2個
-牛ひき肉 または ほうれん草 1パウンド(454g)以上
-ラザニアパスタ 12枚
-市販の26oz入りパスタソース(マリナラソース)1瓶
-カッテージチーズ 1パウンド(1タッパー分)
-すりおろしたチェダーチーズ 1パウンド
-すりおろしたモッツァレラチーズ 1パウンド



まず、牛ひき肉をフライパンで炒めます。
テフロンなら油はひかなくてよい。
ポイント①
肉から脂がいっぱい出てくるので、
それをキッチンペーパーで丁寧にふき取り、取り除く。

d0172957_323574.jpg


そしたら、みじん切りしたタマネギを加え、透き通るまで炒めます。
炒め終わったら、大きめのボウルに移して荒熱をとっておきます↓
d0172957_3235974.jpg


肉を炒めるのと同時進行で、パスタも茹でましょう。
このときオリーブオイルを少し入れて茹でると、
あとでくっつきにくいです↓
d0172957_32431.jpg


茹で時間は、箱に書いてあるとおりです。
茹で上がったら、いったんざるにあけて、
それからなんと水で洗います
他のパスタは絶対水で洗わないけど、
ラザニアパスタは、洗うんですよね~。おもしろい

d0172957_324567.jpg


洗ったら、ざるに広げておきます↓
d0172957_324732.jpg



さて、先ほどの肉とタマネギのやつですが、
同じボウルに、カッテージチーズを全部投入します↓
d0172957_324123.jpg


さらに、パスタソースを投入します。
ちなみに、マミーはRagu(ラグー)っていうメーカーのを使ってた
d0172957_3241570.jpg


全部をまんべんなく混ぜあわせておきます。
これで、具のトマトソース完成↓
d0172957_324222.jpg


ここから、layer(層)を作っていきます。
マミーのラザニアは3-layered(3層)になります。
だから、具のパスタソースとチェダーチーズは3分割
モッツァレラチーズは4分割しておくと便利です(この理由はのちほど)。


ポイント②
まず、並べる前に、パスタについた水分を、キッチンペーパーでよく拭いておきます

d0172957_3242524.jpg


トレイには、油など何も塗らなくてよいです。
パスタを3枚敷き詰めます↓
d0172957_3242741.jpg


具のトマトソース1/3を、パスタの上に平たくのばします↓
d0172957_3243313.jpg



そのうえに、チェダーチーズ1/3とモッツァレラチーズ1/4をまんべんなく広げて・・・↓
d0172957_3243666.jpg



このあとは、
パスタ→トマトソース→チーズを繰り返していきます。

ポイント③
茹でる工程で、パスタがどうしても割れてしまうので、
そんなパスタは中の層にパズルみたいにして並べます。

キレイに茹で上がったパスタは、
一番上にのせるために、取っておくとよいでしょう~↓
d0172957_3244044.jpg


3層かさねて、一番上にもパスタを3枚ならべたら、
残ったモッツァレラチーズを一番上にふりかけます。
4分割したのはこのためでした↓
d0172957_4105159.jpg


横から見ると、けっこう盛り上がっていますが、
焼くとチーズが溶けて、沈みますので、大丈夫です↓
d0172957_4131224.jpg


↑ここまで朝作っておけば、フタをして冷蔵庫に保存しておいて、夜、食べる前に焼いてもOK!


350F(176℃)のオーブンで約1時間焼きます。
ポイント④
最初の40分は、foil(アルミフォイル)をかぶせて焼き、その後フォイルをはずして20分焼くとよいです。

フォイルをかぶせる際は、なるべく表面のチーズにくっつかないように。
フォイルをかぶせないと、
ラザニアの表面がカチンカチンに固く焼けすぎてしまいますので。


こんなかんじになったら、焼き上がりです↓
d0172957_4161846.jpg



焼き立てをすぐ食べると、切ったときにドロ~っと崩れてしまうので、
私はいつも食べる1時間前には焼き上げておきます。
焼きあがったらオーブンから出して、
またフォイルをかぶせて置いておくと冷めないし、
チーズもある程度かたまって、
カットしやすくなりますよん↓
d0172957_4181589.jpg



正直言って、味付けもなんにもしなくてよいんだけど(笑)、
デビブは子供の頃から食べてる味だから、
ホッとするお袋の味、なんだって!001.gif

前もって作っておけるから、
ゲストが来たときなんかすっごい重宝する料理です。
肉の代わりにほうれん草をゆでて使うと、
ベジタリアンにもなります。
あと、食べきれなかった分は、
一食分ずつ切って、ラップに包んで冷凍しておけるから
非常食やお弁当に便利です!




◎Today's Shiloh
「いいにおいがする」
前足、のびのび~ッ↓
d0172957_419136.jpg

[PR]
by masmic2010 | 2011-09-10 04:44 | ★Foods
地図を見て、
今まで
ずーっと気になっていた場所がありました。


わが町、Kirkland(カークランド)の南部に、
デデーンと存在する広大な公園。。。
Bridle Trails State Park(ブリドル・トレイルズ州立公園)です。
ついに行ってみましたの
d0172957_6332428.jpg




同じ町でも、いつもは全く行かないエリアなのですが、
近くに行ってみたら、、、
この写真の左側全部が、ずーっと公園。
っていうか、・・・005.gif
d0172957_6331940.jpg



どこから入ったらよいか、
正式な入り口があるのか、まったく調べていかなかったので、
適当な入り口から入りました。おいおい・・・025.gif
trail(トレイル、小路)がずーっと奥まで続いています↓
d0172957_6332995.jpg



適当な場所から入ったので、地図もなく、
目的地があるのかないのか、
どこに着くのかもよくわからないトレイル・・・008.gif


こんな、原生林?ジャングル?みたいな場所が、
カークランドにあるなんて。


と、歩いていたら、
前方から大きな物体が・・・!
です!!

通り過ぎるときは馬がびっくりすると大変危険なので、
犬は首輪をつかんでおとなしくさせておきます
034.gif
シャイロ、good job!(よくできました)
d0172957_6333529.jpg




equestrians(乗馬者)が優先なトレイルなのでした↓
d0172957_6333188.jpg




馬がいる、、、
だから、
ここって、実は
horse manure(馬糞)がゴロゴロ落ちています!
だから,,,
Watch your step!(足元に気をつけて034.gif

トレイルのすぐ入り口にある厩にも、
"FREE MANURE"(家畜の糞=たい肥、無料)
って書いてありましたよ↓
d0172957_6332230.jpg



家に帰って調べてみたら、
このトレイルって、28マイルもあるそうです。
次回はもっと調べてから行ってみようっと。
[PR]
ほぼ3年ぶりに、豚骨ラーメンを食べました。
アメリカに来てから初めて食べました!


場所は、シアトルのUniversity District(ユニバーシティ・ディストリクト)にあるSamurai Noodle(侍ヌードル)↓
d0172957_10581387.jpg


Eugene, OR(ユージーン)では、2回ほど味噌ラーメンを食べたことはあるのですが、全体的にコクが足りなかった思い出があります。。。

そして、そのお店に豚骨ラーメンはありませんでした。




なので、これが
およそ3年ぶりに食べた
Ton-kotsu Ramen(豚骨ラーメン)です↓
d0172957_1058957.jpg


おいしかった~003.gif
もちろん、日本にはもっと美味しいラーメンはいくらでもあるし、
シアトルで他のラーメン食べたことないから比較もできないけど、
豚骨ラーメンを食べられただけで幸せ053.gif

麺は、固めのストレートな細麺でした。
トッピングは、pork slice(チャーシュー)、green onion(ねぎ)、
black mushroom(きくらげ)。
ブラック・マッシュルームがきくらげだっていうことを知らなくて、
お店の人に聞いて初めて知りました。



ちなみに、
デビブの食べたShou-yu Ton-kotsu Ramen
(しょうゆ油豚骨ラーメン)は、ちぢれ麺で、
味がちょっと薄めでした。
私は豚骨のほうが好きかな!016.gif
[PR]
U-Pick(農場で自分で収穫できるところ)へ行ってきました。
今回の目当てはblueberry(ブルーベリー)↓
d0172957_0545782.jpg



場所は、隣町Bellevue(ベルビュー)にある
Bill Pace Fruit and Produce
(ビル・ペース・フルーツ・アンド・プロデュース)↓
d0172957_055243.jpg


ここはフレッシュな野菜や果物を買うこともできます。
U-Pickの場合は、レジでU-Pickしたいことを伝え、
運転免許証などのIDを預けます↓
d0172957_055785.jpg



そしてバケツを借りて、いざブルーベリー畑へ!
シャイロも一緒に行きました
d0172957_05597.jpg



う~ん、ここのブルーベリーは残念ながら小粒でした。
オレゴンで行ったU-Pick blueberry
ブドウの房ぐらいあったんだけどなぁ。
d0172957_0551237.jpg


でも食べてみたら甘かったので、
デビブと手分けしてとります。

ここは、かな~りbushy(茂みがボウボウ)な場所。
よそのお客さんに、
ヘビに気をつけて!」なんて言われたので、
私はビビリながら008.gif移動してたんだけど、
シャイロは、デビブと私の間を行ったり来たり・・・↓
d0172957_0551697.jpg



・・・しているうちに、相当汚れてしまいました。
ネイティブアメリカンのフェイス・ペイント?みたいになってるよ。
この草の実みたいなやつ、あとで取るの大変だった~
d0172957_0551875.jpg



暑くなる前に・・・、と午前中に行ったのですが、
1時間の間に気温はぐんぐん上昇058.gif

大粒を探したかったけど、
畑が広くてあきらめました・・・↓
d0172957_055224.jpg


とりあえず、1時間採って
やめました。
$1.5/1lb(1パウンド=450g⇒1ドル50セント)なので、
合計3.5lb(約1.5kg)とって$5.30でした↓
d0172957_0552462.jpg



ついでにokra(オクラ)も買いました。
これで$1.00(1ドル)↓
d0172957_0554128.jpg




農場の自然を満喫した休日でした~↓
d0172957_0552849.jpg




◎おまけ
シャイロの汚れついでに、
帰りにドッグパーク(Marymoor Park)にも寄ったら、
犬が泳ぐ水辺に網が張られていました。
ここはSammamish river(サマミッシュ川)なのです
d0172957_0553943.jpg


なんだろうと思って貼紙をみたら、
salmon(鮭)のmigration(回帰)シーズンのために、
8月15日から11月まで犬の泳げる範囲を制限しているとのこと↓
d0172957_0553396.jpg




犬とサーモンが共存している川。。。
なるほどです。
d0172957_0553565.jpg

[PR]
peach gallete(桃のパイ)を焼きました↓
d0172957_0104917.jpg

デビブが、「これが食べたいの!」と持ってきた
新聞の切抜きのレシピをアレンジしてみました。


yellow peach(黄桃)、
white peach(白桃)、
mixed berries(ブラックベリーやブルーベリーなど)、
そして
Italian prunes(イタリアン・プルーン)が入っています。



このイタリアン・プルーンは
farmers market(農家直売)で
$1.00/lb(1パウンド=約450g1ドル)で売られていたもの↓
d0172957_0103659.jpg


皮も食べられるけど、
むいちゃった。種はもちろんとります↓
d0172957_0103813.jpg



フルーツの量はだいたい2~3カップくらい。
ブラウンシュガー大さじ2、コンスターチ大さじ1、バニラエッセンス適当を入れ、まぜておく↓
d0172957_010404.jpg



パイ用の耐熱皿にパイシートをしいて、
そこにクリームチーズのミックスを流し込みます↓
d0172957_0104237.jpg


クリームチーズのミックスは
クリームチーズ8ozを柔らかくしておき、そこにパウダーシュガー1/2cup、コーンスターチ大さじ2、卵黄1個を混ぜたものです。


クリームチーズを平らにしたら、
その上に、フルーツのミックスをのせます↓
d0172957_010441.jpg



パイシートのはじっこを適当に折りこみ、
パイ生地には卵白を塗ります。
これを400F(約205℃)で40分くらい焼いてできあがり↓
d0172957_0104793.jpg



Costco(コストコ)の白桃は甘いけど、
そこいらの食料品店で買う黄桃って、
熟してもあまり甘くならないんですよね・・・。

だけど、こういうパイにすると、その酸っぱさが返って好都合?
上がほんのり酸っぱく、下が甘く、
調和のとれた季節のパイになりました016.gif
d0172957_0105347.jpg








◎Today's Shiloh
「次のコマンドを早くください!」by 忠犬シャイロ↓
d0172957_0465014.jpg



[PR]
by masmic2010 | 2011-09-03 00:47 | --baking