「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

先週の木曜日だったからもう4日前になりますが、
Thanksgiving Day(感謝祭。サンクスギビング)がありました。
このTurkey(七面鳥)を食べた。
重さは25lbs(約11kg)だって↓
d0172957_505212.jpg




このために、シアトルから5~6時間車を走らせ、
オレゴンに帰りました。
Thanksgivingは、みんなが帰省して家族や友達とご飯を食べるので、
なんだか、まるで日本のお正月のようです。


私たちは今回も、去年に引き続き、
友達のジェフ&マリコ夫妻の家へ。
4家族、6カップルが集まって、大勢で食事。
なんだか、みんな親戚みたいで楽しい~emoticon-0102-bigsmile.gif
d0172957_51751.jpg



Turkeyは、ホスト家のお父さんが切り分けることになっています↓
d0172957_51117.jpg



turkeyを切り分けるとき、犬がソワソワします↓
d0172957_51445.jpg




キッチンでは、いろんな人が入れ替わり立ち代り料理します。
これは最年長のおばあちゃんが、
gravy(ターキーにかけるグレービーソース)を作っているところ↓
d0172957_505868.jpg




turkeyにはほかに、
cranberry sauce(クランベリーソース)を添えるんだけど、
ここの家ではjelly(ゼリー)状のものと、
オレンジの皮を刻んで混ぜたほんのり苦味のあるものと2種類ありました↓
d0172957_512032.jpg




各家庭によって、料理もちょっとずつ違って面白い。
ここの家では、stuffing(詰め物)はturkeyの中に詰めないで、別皿です↓
d0172957_511653.jpg



turkeyの用意ができて、さあいただきます!↓
d0172957_511365.jpg


私はベジタリアンの人のために、
手前右のquinoa pilaf(キノアピラフ)を作りました。
左上のオレンジ色のは、yam(ヤム芋)をマッシュしたもの。
おいしかった!↓
d0172957_511883.jpg



実は私はturkeyの匂いがあんまり得意ではないのですが、他にもいっぱいごちそうがあるので、それだけでかなり満腹になります。

満腹だけど、このあとデザートが・・・↓
d0172957_512691.jpg



でも、全部一口ずつは食べますよ~emoticon-0166-cake.gif
ちなみに、私はcarrot cake(キャロットケーキ)を二段重ねにして、cream cheese frosting(クリームチーズ・フロスティング)でデコレーションしたものを持っていきました↓
d0172957_513068.jpg



マリコさんと私だけ日本人だったので、
食卓で、みんながジェフのアメリカンジョークを笑っているとき、
「私たち、全然わかんないわよねぇ!」と文句を言っておきました(笑)
アメリカンジョークって、いまだに謎です。。。(どこが面白いのか?)
[PR]
デビブと最近行ったのがココ。貸衣装屋さん↓
d0172957_16123545.jpg


なんで貸衣装屋なんかに来ているかというと、
実はいま、
1920年代シカゴのgangster(ギャングスタ)と、
その女flapper(フラッパー)の衣装を探しているの。。。↓
d0172957_16123861.jpg



デビブの会社で来月クリスマスパーティーがあるんだけど、
ドレスコードがそれなんだもん・・・!

(で、そのギャングスタとフラッパーって、こんなかんじ↓)
d0172957_16224237.jpg


※画像コチラから借りました⇒Glass Slipper Costumes.com



70年代、80年代なら、
そこらへんの古着屋できっと探せるだろうけど。。。
(ユージーンに行けば、リアルヒッピーの服が手に入るのに・・・)


1920年代の服なんて、
そんじょそこらじゃぁ、もう売ってませんって!
(なにげに100年近く前だし・・・)


どんな服がフラッパーなのかもよくわからず、
貸衣装屋で着てみることに・・・↓
d0172957_16124185.jpg


「なんか、Egyptian(エジプト人)みたいじゃない?」
って、店の人に正直に言っちゃったよ。

店の人はさすがに衣装に詳しくて、
That's absolutely the 1920s.(それって1920年代そのものよ)」
だって。



どうも、1920年代のドレスっていうのは、
ウエストがキュッと絞られていなくて寸胴であること、
肩がでていること、
がポイントらしい。
(たぶん、もっと特徴があるんだろうけど)


でもね、
このドレスと、ロンググローブと頭につける羽飾りも全部ここで借りると、
65ドルもかかるの!


だから、多分ここでは借りないかな~。


それで、だめもとで近所のパーティーショップへ行ってみたの↓
d0172957_1612247.jpg


1920年代って、なかなかないね。
一着あったけど、45ドルもするの。

あーあ。
70年代でよければ、週末ユージーンで買ってくるのに・・・
(70年代になぜか食いつく私)


デビブも、ギャングスタの格好、ちょっとあきらめ気味で、
こんなの見つけて喜んでるし↓
d0172957_16122774.jpg




というわけで、
今回のThanksgiving休暇は、
ユージーンでヴィンテージ衣装を探す、というミッション追加です。。。
ブラックフライデーどころじゃないわ。


それではみなさん、
来週明けまで、ごきげんよう。
[PR]
日曜日Costco(コストコ)に行ったんですが、
以前ブログで「おいしいよ!」とアドバイスいただいた肉まんをゲットしました↓
d0172957_15374412.jpg



これ、おいし~い!emoticon-0102-bigsmile.gif
小腹がすいたときに、うってつけです!
たしかに、皮は日本のより少し甘いけど、全然いけます。
教えてくれたみなさん、ありがとう。



コストコはもうクリスマス商品がドカーンと出てます。
(ツリーとか電飾とかね)
私はクリスマスカードを買おうと思ってたんだけど、
なんかfancy(豪華)なやつ多し↓
d0172957_1537384.jpg




かわいいんだけど、
装飾が派手で重いやつは、日本に送るときに送料が気になるので、
日本用はここで買うのを断念しました。。。
religious(宗教的)な柄や言葉もイヤなので、
別のところでもっと探してみます。



それにしても、この日はThanksgiving(サンクスギビング。感謝祭)前の週末だからすんごい混んでいた!
開店10時少し前にいったら、
店の外にでっかいカートの行列ができてたもん・・・。

Thanksgiving、いよいよ今度の木曜日です!
[PR]
朝になりました。
昨日の雪はもうやんでいます↓
d0172957_151795.jpg


Kirkland(カークランド)の今日は、
最高気温-4℃、最低気温-9℃とのこと(一日中マイナス)。
水たまりも凍ちゃってます↓
d0172957_1511217.jpg



でも、
グランパの住むミネソタのEly(イーリー)っていう街は、
今日の最高気温-9℃、最低気温-14℃なので、
それに比べたたらまだましだよ、、、とデビブが言ってました。
d0172957_1511978.jpg



イーリーでは、寒すぎて木が凍ってしまって、
パーン!と幹が割れる音が聞こえるそうです
(どんだけ寒いんじゃ!?)
d0172957_1512224.jpg



で、今朝のうちのsnowman(雪だるま)。
昨日は目もあったけど、
あれからまた降ったから、目が雪に埋もれてしまっておる・・・↓
d0172957_1512910.jpg




しかも、近づいたら、
a runny nose(鼻水)でてたの!あはは!↓
d0172957_1513235.jpg


[PR]
雪が全然やみません。
朝からコンコンと降り続き、いま、こんぐらい!↓
d0172957_912594.jpg



あっはっはー!バルコニーでミニsnowman(雪だるま)作っちゃった↓
d0172957_912871.jpg



かなり冷え込んで来てます!!
明日の朝はどうなっちゃってるのかしら?
d0172957_9121316.jpg

[PR]
今朝起きたら、雪が降ってましたー!↓
d0172957_241029.jpg


d0172957_241585.jpg



バスルームからも。
隣の棟との間にある植木が白くなってる↓
d0172957_2405430.jpg



実は昨日も午前中にパラパラ降ってたんですよ。
この数日間はかなり冷え込むみたい。
d0172957_2411245.jpg



今もコンコンと降り続いているので、
これがどこまで積もるのか、ちょっと楽しみ!
[PR]
このごろ無性にpie(パイ)が食べたくて、
apple pie(アップルパイ)を作りました。
今回、生地作りはめんどかったので市販のものなりー
d0172957_673773.jpg



パイ用に、この酸っぱめなgranny smith apples(グラニースミスアップル)を買ってきたんだけど、最近買い物のときに妙に気になることがあります・・・↓
d0172957_673410.jpg


よくアメリカのgrocery(スーパー)で、
まだお金を払ってもいないチップスの袋を店内でおもむろに開けて、
パクパク食べながら買い物している人がいるんですよ。
レジで「どうせ払うからいいでしょ」ってかんじで堂々と。


「ゆるいな~。
でも、ま~、店の人がよければいいのか」
と、ここまでは普通に思っていたんですよ、、、。

emoticon-0144-nod.gif emoticon-0144-nod.gif emoticon-0144-nod.gif

でも、最近気になることっていうのは、
店のリンゴを子どもに食べさせている人。
(これも買う前のリンゴね)emoticon-0170-ninja.gif


これも「どうせ後でレジで払うから」ってことなんだろうけど、
リンゴって、チップスの袋と違って、
パウンドいくらの量り売りだから、
食べた分軽くなって正確に計算できないと思うんですよ・・・emoticon-0107-sweating.gif


それでもいいのかー、店!!?


ちなみに、
granny smith apples(グラニースミスアップル)の
grannyって、"おばあちゃん"ていう意味だから、
"スミスおばあちゃんのリンゴ"になるんですが、
パイのレシピを探しても、
「○○おばあちゃんのアップルパイ」っていうのが結構あります。
日本には「おふくろの味」っていう言葉があるけど、
アメリカでは「おばあちゃんの味」なのかなー、
ってちょっと思いました。




下は、リンゴに全然関係ないけど、
最近ヒットのcouscous salad(クスクスサラダ)でーす↓
d0172957_672473.jpg

[PR]
この冬は、「パン作りを極める!」と先日宣言した私ですが・・・、



本日は、white dinner rolls(ディナーロール)に挑戦。
これが、今までで最高の出来かも~!?emoticon-0152-heart.gifってくらい、
fluffy(ふわっふわ)に焼きあがりましたemoticon-0102-bigsmile.gif
d0172957_12135058.jpg




底の焼き具合が見えるように、四角いガラスの型に入れてみたのね↓
d0172957_12134678.jpg



焼きたてをさっそく試食。うん、いける!↓
d0172957_1214084.jpg




今晩は、このディナーロールと、
cilantro(パクチー)をどっさり入れた
"なんちゃって"chili con carne(チリコンカン)なのです↓
d0172957_1214439.jpg



いつもwhole wheat flour(全粒粉)とかで、冒険をしていたけど、
やっぱり、基本からやるのって大事だな、と実感しました。


それにしても、デビブ、まだかな~。
[PR]
by masmic2010 | 2010-11-16 12:28 | --baking
工場見学ツアーが終わって、
Future of Flight(フューチャー・オブ・フライト)に戻ってきました↓
d0172957_13482412.jpg




お次は、ギャラリー見学です↓
d0172957_13482778.jpg



飛行機の各パーツを見られるようになっています。
こちらはBoeing 787のエンジンTrent1000(トレント1000)。
ロールスロイスが作ってるんだね!↓
d0172957_13483291.jpg




中の温度は、half as hot as the surface of the sun(太陽の表面温度の半分の熱さ)なんだって。なんで溶けないの!? 中のファンの羽根の回転速度はmove faster than the speed of sound(音速より早い)!
d0172957_13483455.jpg


実際に横に立ってみると、やっぱり大きいです↓
d0172957_13483999.jpg



cockpit(コックピット)に座って、
いろいろ触れるFlight Deck Zone(操縦室コーナー)があるのですが、
これが人気でなかなか座れない・・・。
「コックピットは10個ぐらい設置してほしいよ!」
とデビブがイライラemoticon-0114-dull.gif



しかたないので、先に他のコーナー
passenger experience(搭乗体験コーナー)へ行ってみることに・・・↓
d0172957_13484125.jpg



でも、デビブは
「だからどうしたの?」
と搭乗体験コーナーには全く興味を示さず・・・(emoticon-0120-doh.gif汗)



でも、ついにコックピットに座れて、大はしゃぎのデビブemoticon-0169-dance.gif
d0172957_13484871.jpg



私も乗ってみた。思ったより、すっごい狭いです↓
d0172957_13485125.jpg


スイッチがたくさんありすぎて、わけがわからない↓
d0172957_13485448.jpg



ギャラリーを見たあと、
外のデッキに出て本物の飛行機を眺めて、
最後にgift shop(おみやげ屋さん)へ。

Boeingのデザインの洋服やグッズのほかに、
飛行機の模型がいろいろあって、見本も置いてあるんだけど、
よく見るとそこにサインが。
これは”co-captain”って書いてあるから副操縦士の人だね↓
d0172957_1349832.jpg



こっちは、飛行機を作ってるスタッフのサインかな?↓
d0172957_13491167.jpg



私は、Boeing(ボーイング)のペンと、
この最新ジェット787型機のおもちゃを購入!↓
d0172957_13485978.jpg


テールライトが光って、
リアルなjet sound(ジェット機の音)が聞こえて、
pullback(チョロQみたいに後ろに引っ張る)すると
後輪でウィリーしたまま走る、
というミニチュアBoeing 787です↓
d0172957_1349136.jpg


「アンタ、子ども?」とデビブに言われながらも、遊んでいま~すemoticon-0148-yes.gif


$15.50でたっぷり楽しませてもらいましたよ~emoticon-0102-bigsmile.gif
[PR]
ワシントン州といえば、
ジェット機で有名なBoeing(ボーイング社)の本拠地があります。
今日は、その工場見学ツアーに行ってきました↓
d0172957_14121584.jpg





場所は、カークランドから北に車で20分ほど行った、Mukilteo(マカルティオ)にあるFuture of Flight(フューチャー・オブ・フライト)と呼ばれるところです↓
d0172957_14115156.jpg


d0172957_14115910.jpg





ツアーは90分で、大人ひとり$15.50
私たちの回のガイドは、ラリー・キング似のDickさんです。
中で、最初短いムービーを見てから、バスに乗って工場に移動します↓
d0172957_14121951.jpg



残念ながら、工場内は撮影禁止なので、
ここからはFuture of Flight内の写真とともに、
説明をお読みくださ~いemoticon-0100-smile.gif



ツアーはここから始まります
d0172957_14121274.jpg





このBoeing Everett Factory(ボーイング社エバレット工場)の建物は、the world's largest building by volume(容積で世界最大の大きさのビル)なんですって!
写真左にある平べったい建物がそれです↓
d0172957_14122286.jpg


ロサンゼルスのディズニーランドが一個丸ごと、
シアトルマリナーズのセーフコフィールドは10個、
バスケットコートなら911個分も入るそう。
あんまり広いので、従業員は1300台ある自転車で建物内を移動しているそうです。



滑走路もあって、テスト飛行していました。
41人のテストパイロットがいるそう。
敷地はパブリックの土地なので、
county(郡)に使用料を払っているんだって。
すごいお金なんだろうね。

こちらは、Dream Lifter(ドリームリフター)という貨物機
d0172957_14123482.jpg




工場は月曜から金曜まで24時間操業しているけど、土日は休み。
とはいえ、働いている人はちらほらいましたが。
平日は、
各パーツを1分に1インチずつ動かしながら組み立てているのだけど、
週末は動きが止まっていました。
例えば、これは工場じゃなくてギャラリーにあった空っぽのパーツだけど、こういう大きな機体のパーツを、絶えず動かしながら、中身を組み立てているのです
d0172957_14123159.jpg




工場の中には、機体の組み立てスペースと一緒に従業員のオフィスやカフェテリアもあって、
全部丸見え!
11階のビルに相当する空間が吹き抜けになってるので、
デスクワークしてる人たち、天井が高すぎて落ち着かないだろうな、と思った。。。



各パーツや部品は熱を使う溶接ではなく、
全部rivet(リベット。びょう)でとめているんだって。
リベットは伸び縮みできるから、
離着陸時の空気圧の変化に耐えられるんだそうです。


ツアーのチケットを買うときは、
空港の搭乗手続きみたいに自分でタッチパネルで買えるようになっています

d0172957_1412933.jpg



ところで、
ボーイングのジェット機は、
707(初期のジェット機)とか777(今までで一番大きい機体)とか、
名前に7がついているんですけど、
なんでだか、知っていますか?

実は最後の7は、
7がラッキーナンバーだから
つけているんだそうです。
結構単純なのね。


この最新のBoeing 787 Dreamlinerは、
今までで一番注文が入っているけど、生産が遅れているんだって↓
d0172957_14122779.jpg



Boeing787はハイテクで、
タッチすると暗くなる窓とかがついているんだって!
乗ってみた~い。
機体はcomposite fiber(複合繊維)でできているから軽くて、
fuel(燃料)も777に比べてbe over 20 % more fuel efficient(20%以上も燃費がよい)んだそうです。


この787は、
いろんなパーツが世界中から輸送されてきて作られています。
(例えば、Nose Section-機体の先端部分-は日本から来ている)。
各パーツをこの工場でわずか3日(!)でつなげているんだって。
だから、3日に一度この工場の扉が開くそうです。
ちなみに、この青い絵が描かれているのが扉部分。全部開くのに5分かかる
d0172957_14115662.jpg



飛行機を工場から出したら、
フリーウェイの上にかかっている橋を渡るんだけど、
この橋はワシントン州で唯一のprivate(私有)の橋となっています。
飛行機を工場から出すのは夜。
なぜなら、
ハイウェイを走ってる人が飛行機に気を取られて渋滞にならないように、emoticon-0104-surprised.gif
とのことです。


ANAが787機を55機注文しているそうで、工場外に新品のANAの機体がいくつも並んでいました
d0172957_14115244.jpg




工場の中では、素材を守るため、
機体にグリーンの塗料が塗ってあります。
工場の外に出たら、
それを石鹸と水で洗い流して、正式にペイントします。
赤色と黒色の塗料が特に重いんだって。
塗料を塗ると、機体が6001200パウンド重くなるそうです。



Future of Flightには飛行機の椅子が設置してあって、自由に座って休める
d0172957_1412282.jpg



ちなみに、
工場のすぐ外のパーキングに駐車できる人は、
障害者か、偉い人か、勤続25年以上の社員のみなんだそうです。



長くなりましたが、まだ続きます。
次回は、
デビブがcockpit(コックピット)に座ります!!
こうご期待!



訪れたゲストがどこから来たかを、ピンで刺せるようになっています。
世界地図バージョンもあった

d0172957_14123634.jpg

[PR]