カテゴリ:★ワシントン州( 23 )

ここ一週間ほどブログを書いてませんでした(汗)が、
今日も我が家のキッチンは充実しています↓
d0172957_1212384.jpg



先日、
Kirkland(カークランド)の北の町Bothell(ボセル)にある、
Yakima Fruit Market and Nursery
(ヤキーマ・フルーツマーケット&ナーサリー)に
行ってきました↓
d0172957_1215944.jpg



外観を撮り忘れたのですが、
道路沿いにある、細長いお店です。
全部がオーガニックなわけじゃないけど、
ローカルの新鮮な野菜が、お手ごろ価格で手に入ります。
ワシントン州名産のWalla Walla sweet onions(ワラワラ・スウィートオニオン)
d0172957_122528.jpg



今が旬のPattypan squash
手作りの値札がかわいい↓
d0172957_1221122.jpg



pickles(ピクルス)コーナー。
キュウリやディルなど、ピクルスの材料となる野菜のほか、
写ってないけど反対側の棚にはガラスのjar(瓶)も並べられていて、
ここだけでピクルスの材料が揃うという、便利なコーナー↓
d0172957_122330.jpg




フルーツマーケットだけど、野菜もかなりの充実ぶり↓
d0172957_1221428.jpg


フルーツは、
ラズベリーやブルーベリー、アプリコット、チェリー、スイカなどが
出ていましたよ。



うちで食べる分をちょっとずつ買いました。
全部で15ドルだった。新鮮でお買い得!↓
d0172957_1214172.jpg



葉っぱもパリッパリに新鮮な、オーガニックのにんじんも購入。
いま、にんじんの葉っぱの活用法をいろいろ研究中!
d0172957_1223348.jpg




8月に入ったら、もうちょっと安くなるかしら?
そしたらフルーツ箱買いしたいな!053.gif




野菜&果物売り場の隣には
Nursery(園芸用の苗木屋さん)もあります。
potting soil(鉢植え用の土)も売ってる↓
d0172957_1222081.jpg


basil(バジル)にしては珍しいperennial(多年生)の
African blue basil(アフリカン・ブルー・バジル)は
こんなにもうお花が咲いちゃってる・・・。
うちのbasilは葉っぱを使うから花は咲かせないようにしてるけど、
ここまで花盛りだと逆に見事!↓
d0172957_1223070.jpg




こちらも、イラスト入りの手作り値札がかわいい。
私は、お花は来年も楽しめるように、
annual(一年生植物)ではなく、
perennial(多年生植物)を買うようにしてます↓
d0172957_1222560.jpg



ちなみにこのechinacea(エキナセア)を一株買いました↓
d0172957_1213585.jpg



真ん中の剣山みたいな部分に、妙に惹かれます。。。
大好きなラベンダーに組み合わせても良さそう006.gif
d0172957_1213845.jpg



ちなみに、冒頭の写真に写ってたお花は、
別のfarmers market(農家直売)で買ったブーケ。
この赤いお花fuchsia(フーシャ。フクシア)は
以前、義母が育てていたのですが、
hummingbird(ハチドリ)が寄ってくるんですよね!016.gif
かわいらしいながらも、夏の元気さを感じさせてくれるお花です↓
d0172957_1215066.jpg






◎Today's Shiloh
「お花?野菜?それより、
犬はゴロゴロ寝るのが気持ちいいんだよ~」by Shiloh
d0172957_1241414.jpg


[PR]
ここ最近、とてもよいお天気が続いています。
「眩しくて、目を開けられないよ!」by Shiloh
d0172957_2555273.jpg



この前の週末、デビブが
Mukilteo(マカティオ)にある灯台公園に連れて行ってくれました。
Mukilteo Lighthouse Park(マカティオ・ライトハウス・パーク)です。
マカティオには、ボーイングの工場もあります
d0172957_2544919.jpg



すごい人手で、ビーチは混みあってました。
kite(凧)揚げして遊んでいる人がいっぱい。
浜辺で誕生会やってるグループもいた(プレゼントたくさん持ち込んで、ビリビリとラッピングを開けてたり・・・自由すぎる026.gif
d0172957_2545258.jpg



「みんなで泳ごう!003.gif
ってはしゃいでる子どもたちもいて、
Are they crazy!???(あいつら正気?005.gif)」って
デビブが目を丸くしてる。
こんな快晴の日も、ノースウエストの海は冷たすぎて泳げないよ!



さて、lighthouse(灯台)と名のつくとおり、
この公園には灯台があります。
小ちゃいカワイイ灯台016.gif
d0172957_255336.jpg




灯台のすぐ傍に、
Mukilteo Ferry Terminal(マカティオ・フェリー乗り場)があります↓
d0172957_255868.jpg



このフェリーに乗って、
Whidbey Island(ウィッビー島)にいけるんです。
車も人も乗れちゃいます↓
d0172957_2555968.jpg



ウィッビー・アイランドは、
シアトルのあるPuget Sound(ピュージェット・サウンド)で
南北に細長~い島。
なんでも、アメリカで4番目に長い島らしいです。
この写真の向こうにある島だよ
d0172957_2551364.jpg



もきれいだけど、
この日はもきれいに見えました!
これはどっち方面の山だろう?
カスケード?カナダ?
こういう素晴らしい自然の景色があるから、この地域が大好きです↓
d0172957_255463.jpg



一年のうち、8ヶ月ぐらい(?)どんよ~り雨模様だから、
こんな天気の日は思い切り太陽を浴びて、
外を楽しみたい!!049.gif


きれいなお花も咲いています。
奥の建物は、ギフトショップ↓
d0172957_2551894.jpg



灯台守の住居。
右奥にフェリーがみえる。
こんな景色の場所に住んでいる人って、
ホルモンの出方(?)とかが違ってくるような気がしてしまいます↓
d0172957_2552846.jpg



灯台の前にあった、巨大なトライアングル。
これを鳴らして、誰かに合図するのかな?↓
d0172957_2552412.jpg



周囲を見学していると、
デビブが、いつものとおり、
「なんか、(食べ物を)買いにいこう!」
と言い出しました。
あいかわらず、"花より団子"です↓
d0172957_2553488.jpg



「あれ、オイラの行ってみたいお店なの018.gif
と、こちらの古い館を指さすデビブ↓
d0172957_2553911.jpg



そこは、ローカルのブリュワリー&パブでした。
あなた、本当に068.gif好きね・・・(呆れ)
d0172957_3114014.jpg



ビールはまた今度にして、
近くのIvar'sにて、シュリンプカクテルとソフトクリームを食べました。
シャイロにもお水を飲ませます。
ここのウォーターファウンテンには、犬用のファウンテンも付いている!↓
d0172957_3161325.jpg


ビーチのほうに戻ってみました↓
d0172957_3164763.jpg



波打ち際に連れて行ったら、
静かに、だが確実に、水から離れて行こうとするシャイロ・・・。
(やっぱり濡れるのキライなのね)
d0172957_2545838.jpg



いつか行ってみたいなぁ、
ウィッビー・アイランドへのexcursion(小旅行)!
フェリーに乗るまでが、ものすごい渋滞なんだけどね(汗)↓
d0172957_3175581.jpg



今はフェリーがあるから、島へもすぐ行けるけど、
昔の人は、こうやって海の向こうの島を
未知なる場所として眺めてたのかもしれないなぁ。
なんだかロマンを感じる
休日だったのでした↓
d0172957_256670.jpg


[PR]
先月行ったのに、載せそびれていた
ブレックファストのお店、
Patty's Eggnest(パティズ・エッグネスト)↓
d0172957_23581434.jpg




ここはBothell(ボセル市)にあるお店。
このお店は、シアトル北部と、
そこから北のEverette(エベレット)にかけて、
いくつか店舗があるようです。



デビブの友達がおすすめ、とのことで行ってみる。
すると、外に行列が少しできていて、
待つ人用に、無料のコーヒーが用意されていました。
これはありがたい!049.gif
d0172957_23581924.jpg


20分くらい待ったかな・・・。
中に通され、注文↓
d0172957_23582367.jpg



eggnest(卵の巣)という名前だけあって、
卵料理がいろいろ。
オムレツいろいろ、スクランブルドエッグいろいろ、
"卵と何か"セットいろいろ・・・。卵とステーキとか。
いつもメニュー見て思うけど、
朝から、よくステーキなんて食べられるな~
005.gif


私は、マイ定番の
eggs benedict(エッグズベネディクト)を↓
d0172957_23582757.jpg



デビブは、
ハッシュブラウンと、スクランブルドエッグ(何の種類かは忘れた)とトースト。食べかけですみません・・・
d0172957_23583294.jpg





ここのハッシュブラウンはgreasy(油でギトギト)じゃないからよかった049.gif
ボリュームもあって、
アメリカ人友達がおすすめなのも、わかる気がする。


ただ、ここの料理の難点は、、、008.gif008.gif008.gif


ソーセージがしょっぱすぎる!こと。


気づいたら、水をがぶ飲みしていました。


ローカルのFamily-owned(家族経営)のお店だから応援したいけど、
なんだか惜し~いお店なのです。
[PR]
母と弟に、大きなハンバーガーを見せるべく、
Claim Jumper(クレイム・ジャンパー)でお昼を食べました。
Alderwood Mall, Lynnwoodのお店です↓
d0172957_14462054.jpg




クレイムジャンパーは、アメリカ~ンな料理のレストランで、
私とデビブにとっては「量が多い店」というイメージ。
だから、人数が多いときに、挑戦してみたかった。

店内はロッジ風で、暖炉もある↓
d0172957_14462794.jpg



写真左がダイニングで、右が厨房↓
d0172957_14462358.jpg




メニューの中でも、私が挑戦してみたかったのが、
このWidow Maker Burger(ウィドー・メイカー・バーガー)↓
d0172957_14463167.jpg



Widow Maker(ウィドーメイカー)・・・つまり、『未亡人を作る』という名前のバーガー。バーガーのカロリーが高すぎて即死する、すなわち、残された奥さんが未亡人になる、というすんごいネーミングのバーガーです。オニオンリングもはさまってました・・・。



バーガーだけ見てもよくわかりませんよね?
なので、かぶりついてみました!
シャイロ(犬)の頭ぐらいありました。
結局、この後、デビブと半分こ。半分で十分おなかいっぱいになった・・・
d0172957_14464280.jpg



ちなみに母が食べたのは、
エビフライみたいなのがのったパスタ、
Shrimp Fresca Pasta
d0172957_144638100.jpg




弟はRoasted Tri-Tip(トライティップ・ステーキ)を堪能しました016.gif


アメリカはいろいろと大きいな~っ005.gif
ていうのを、体感できたランチでした。
みんなで美味しく食べられてよかったです。また来たい006.gif




◎お・ま・け!
クレイム・ジャンパーに行く前、
午前中は、Future of Flight Aviation Center & Boeing Tourボーイング工場見学)に行ってました↓
d0172957_1446890.jpg



前回は土日で工場が動いてなかったんだけど、
この日は平日だったから、ちゃんと操業していました!

お天気も、よかった058.gif
d0172957_14461466.jpg


[PR]
Renton, WA(ワシントン州レントン)にある
Fry's(フライズ)という電気店に行ってきました↓
d0172957_14463983.jpg



ここは、ヨドバシカメラとかヤマダ電機みたいな
安い家電のお店で、
ワシントン州ではレントンにしかありません。
一階しかないけど、広い↓
d0172957_14464363.jpg



何を買いに来たかというと、
パソコンとテレビをつなげるアダプターと、
テレビのアンテナです。
この四角い平べったいのがテレビアンテナ
d0172957_144779.jpg



今まで、Comcast(コムキャスト)という
ケーブルテレビを入れてたんだけど、
私たちがよく見てる
トラベルチャンネルとか
フードチャンネルとか、
コメディセントラルなんかは
実はインターネットでも見られるし、
それに、
うちはケーブルなしでも見られるローカルチャンネルをよく見るので、
「ケーブルは解約しよう034.gif
ってことになったのです。
だから、自前のアンテナを買った。


これで、月々ケーブル代が60ドルぐらい浮くから、
1年で065.gif700ドル065.gif近く節約できる!


さらに、Comcastはモデムのレンタル代を毎月とるけど、
そのモデムだって自分で買えば4ヶ月ほどで元が取れることを
デビブが発見049.gif
コムキャストは、以前こっちがゴネたら
月々の料金を安くしてくれたけど、
そもそもゴネ得が通用するなんて、
日本人の私には「?」っていう世界です。



Fry'sの店内が広くて、
カフェまであった。
ドトールコーヒーみたいなかんじの・・・

d0172957_14464798.jpg



アダプターのほうは、よく分からなかったので、
ヒスパニックアジア系の店員にたらい回しにされ、
最終的にアラブ系の店員さんが見つけて教えてくれた。
アンテナのコーナーではアフリカ系店員が教えてくれたし、
ここの店員って、
なんでか妙にマイノリティが多い・・・!005.gif



レジに向かうと、
なんと、
レジが33窓口もありました!
ちょっと多すぎる気がするけど・・・?071.gif
d0172957_14465184.jpg




そんなこんなで、
デビブは今、家計見直し&節約に、燃えています。066.gif
私、こういうの苦手だから、やってくれると助かる!



◎2枚で夕飯終了の、びっくりピザ
ユージーンで食べたProvisionsのピザ。
左のバナナ(普通サイズ)と比べると、、、
あらま!005.gif 大き~い!↓
d0172957_14512725.jpg


[PR]
ぼちぼち、balcony garden(ベランダで園芸)の準備をしようと思い、
園芸専門店へ行ってきました。
ライトがterra-cotta pots(テラコッタ)だ
d0172957_2362667.jpg




場所は、Molbak's(モルバクス)というお店です。
Kirkland(カークランド)の北隣の町、
Woodinville(ウッドゥンビル)にあります↓
d0172957_2362475.jpg



Woodinvilleには、
以前行ったブリュワリーのほか、
シャトー(ワイナリー)もあります。
郊外のかわいい田舎町というかんじで、
私もデビブもけっこう好きな町です。



Molbak'sは、中が巨大な温室のようになっていて、
天井からは日光がさんさんと降り注いでいます。


hydrangea(アジサイ)がきれいに咲いてる!↓
d0172957_2363129.jpg




と、ソッコー食いついている私を尻目に、
「じゃあ、オイラ、あそこにいるから、終わったら来て!」
と、デビブはスタスタ歩いて、
カフェに向かいました。

このお店には、カフェがついているんです↓
d0172957_2362860.jpg



植物があって、お水も流れていて、素敵なカフェです↓
d0172957_2364944.jpg



デビブ、ここで読書して待つつもりらしい。
やっぱり、"花よりだんご"・・・。


この日は、
とりあえず植物の種と、
園芸に必要な道具を購入がほしかったんですが、
インスピレーションを得るために、
いろんな苗や鉢植えも見て歩くことに。


バラってやっぱりきれいだな~↓
d0172957_2364563.jpg




この木、かわいい~↓
d0172957_2364753.jpg



と、巨大温室の中をぐるぐる見て歩いていると、
そこにドアがありました。。。
なんと、ドアの外には、新たな苗の空間が!
さらにさらに巨大です。
屋外とつながっているので、
こっちは一段涼しい空間となっています↓
d0172957_2363393.jpg




とにかく広くて、
通路の終わりが見えない・・・。


全部見ていると、
半日たってしまう。。。


と思い、
外空間はさらっと見て、
種と園芸用品を売っているセクションに移動することに。


こんなのがあった。
plant nanny(植物のベビーシッター)。
勝手に水遣りをしてくれる、スグレモノ?
(日本に帰省するときはよいかも)↓
d0172957_2363563.jpg



こんなのもあった。
犬のクッキーワゴン↓
d0172957_2364270.jpg


いかん、いかん、誘惑が多すぎる。


会計をすませて、さっきのカフェに行くと、
あれっ?デビブがいない!


携帯に電話してみました。
「あそこのカフェにいたら、頭がボ~ッとしてきちゃったの002.gif
ということで、
車に移動していたようです。


温室効果?


苗もいくつか購入しました。
d0172957_2365185.jpg



母に、
「発芽の適正温度があるから、あんまり早撒きしないほうがいいよ」
といわれたので、
種袋を見ながら、今はじっとがまんの時期。



シアトルは去年の春夏、とても寒かった057.gifので、
今年は温かい春夏であってほしいです。
Please, please give my plants a lot of sun!
(私の植物056.gifに日光058.gifをいっぱいくださーい)
[PR]
うちからハイウェイを北に15分くらい走ったところに、
Lynnwood(リンウッド)という町があります。
そこにある大きなモール、Alderwood Mall(アルダーウッド・モール)へ行ってきました↓
d0172957_2552717.jpg



位置としては、
シアトルとカークランドの間にある、縦長の湖(レイク・ワシントン)の、一番上のあたり。


ここ、今までも何度か来ているのですが、
けっこう広いモールです。
Bellevue Squareとどっちが広いかな?↓
d0172957_2553284.jpg





今回は、デビブが「一滴ずつ出せる醤油さしが欲しいの」とのことで、
こちらDaiso(ダイソー。百円ショップの)に来ました↓
d0172957_2552933.jpg



百円ショップだけど、ここは$1.50なんだよねー。


うちにも醤油さしあるけど、
デビブはちょっとずつ繊細に出せる
日本の醤油さしが欲しかったみたいです。



醤油さしを買ったら、
「じゃあ、あとでね~003.gif」と、
nook(ヌック。電子書籍)を持ってどこかにいってしまった。。。
ここから別行動。
買い物には全く興味のないデビブです。


といっても、私もこの日はBath & Body Works(バス&ボディ・ワークス)でハンドソープを買うぐらいで、特に欲しいものもなかったので、あとはぶらぶら歩くのみ。
あ、ロクシタン見つけた↓
d0172957_2555560.jpg



ディズニーストアや、サンリオショップなんてのもあります。。。
まあ、だいたいどこのモールにもあるようなお店が入っています。
d0172957_255342.jpg




約束の時間より早めにデビブと合流すると、
「ハンバーガーが食べたい気分なの」とデビブ。
そこで、一緒にフードコートに行ってみた↓
d0172957_2555049.jpg



なんでしょう?Japan Cafe(ジャパン・カフェ)だって。
おでん、ラーメン、おでん、ラーメン・・・って
赤提灯がぶら下がってるけど、
そんなメニューはもちろん置いてません。
ちらっとのぞいたら、チャイニーズっぽいメニューが多かった気がする↓
d0172957_2553615.jpg





フードコートをいったん外に出てみました。
すると、庭が。
誰かが石で遊んだな(ハートマーク)↓
d0172957_2554556.jpg


すぐそばに、
Claim Jumper(クレイム・ジャンパー)っていうレストランがありました↓
d0172957_2553961.jpg



「ここ、めっちゃ量が多いんだよ!」とデビブ。
どうしようか迷い、結局いったんレストランの
中に入り、入り口でメニューを借りて考えることに。


Widow Maker Burger(ウィドウ・メイカー・バーガー)っていうのが最初にありました。


Widow Makerとは、直訳すると"未亡人をつくるもの"ですが、
これは、
「あまりに高カロリー&高コレステロールすぎて、
これを食べたら心臓の血管が詰まって
すぐ死んじゃう=奥さんが未亡人になっちゃう」っていうハンバーガー。


どんなセンスのネーミングじゃ!?


ちょっと今回はやめときました(笑)
もっと飢え死にしそうなぐらい空腹のときに入ってみたいです。



フードコートに戻って、
無難にサンドウィッチを注文↓
d0172957_2555267.jpg


これぐらいでこの日はちょうどよかった。。。


暖炉があります。
広々とした明るいフードコートです↓
d0172957_2554798.jpg



と、こんなかんじでモールをぶらぶらした週末だったのでした。
[PR]
デビブが、UOの決勝戦の日からずっと気になっていた、
Ezell's Famous Chicken(イゼルス・フェイマス・チキン)↓
d0172957_7375171.jpg


友達の子のMちゃん(2歳)が床に落としたやつを、
デビブと半分こして食べたら・・・(笑)、
スパイシーでけっこう美味しかったのです。


このEzell'sのフライドチキンは、シアトルローカルのお店なのですが、
アメリカの有名司会者Oprah Winfrey(オプラ・ウィンフリー)も
わざわざシカゴまで空輸するほど大好きなんだとか。
オプラ・・・、この方、
自分のテレビ局も持ってるんだよね・・・(すごすぎる071.gif)↓
d0172957_7522091.jpg

※画像はこちらからお借りしました⇒Oprah.com



それで、先日
Woodinville(ウッドゥンビル)の店舗に行ってみました。
思ってたより庶民的な、
普通のファーストフードの店ってかんじ。。。
(オプラ、本当に空輸してるの?)↓
d0172957_7374718.jpg




ちょっと、隣の寿司屋も気になった私(笑)ハッピー・アワー・スシだって↓
d0172957_7374148.jpg


to go(持ち帰り)で注文します。
original(ノーマルな味のやつ)と、spicy(辛い)があって、
両方とも数個ずつ購入。
ちなみに、サイドメニューもいろいろあって、
中でもroll(ロールパン)がおいしいと聞きました。
でも私たちはチキンだけで十分なのだった。
d0172957_7374915.jpg



フライドチキンといえば
KFC(ケンタッキー・フライドチキン)を思いだしますが、
Ezell'sのチキンは、KFCより油っこくなく、しょっぱくもないです。
オリジナル味は、あんまり味がないくらい。
(もしかして、ディップつけて食べるのかな?)
私はスパイシー味のほうが気に入りました。
d0172957_7375670.jpg


※後ろのサイドディッシュは店のものではありません。


デビブは「Very American Dinner!(アメリカっぽい夕食)」とうれしそうに食べていた(笑)←いつも夕飯時はうれしそうだけど(笑)

スパイシーの手羽先部分なら、私もまた食べたいかな。
オプラ・ウィンフリーは、どの辺を気に入って空輸しているんだろう???
正直よくわかりません。。。
[PR]
工場見学ツアーが終わって、
Future of Flight(フューチャー・オブ・フライト)に戻ってきました↓
d0172957_13482412.jpg




お次は、ギャラリー見学です↓
d0172957_13482778.jpg



飛行機の各パーツを見られるようになっています。
こちらはBoeing 787のエンジンTrent1000(トレント1000)。
ロールスロイスが作ってるんだね!↓
d0172957_13483291.jpg




中の温度は、half as hot as the surface of the sun(太陽の表面温度の半分の熱さ)なんだって。なんで溶けないの!? 中のファンの羽根の回転速度はmove faster than the speed of sound(音速より早い)!
d0172957_13483455.jpg


実際に横に立ってみると、やっぱり大きいです↓
d0172957_13483999.jpg



cockpit(コックピット)に座って、
いろいろ触れるFlight Deck Zone(操縦室コーナー)があるのですが、
これが人気でなかなか座れない・・・。
「コックピットは10個ぐらい設置してほしいよ!」
とデビブがイライラ015.gif



しかたないので、先に他のコーナー
passenger experience(搭乗体験コーナー)へ行ってみることに・・・↓
d0172957_13484125.jpg



でも、デビブは
「だからどうしたの?」
と搭乗体験コーナーには全く興味を示さず・・・(021.gif汗)



でも、ついにコックピットに座れて、大はしゃぎのデビブ070.gif
d0172957_13484871.jpg



私も乗ってみた。思ったより、すっごい狭いです↓
d0172957_13485125.jpg


スイッチがたくさんありすぎて、わけがわからない↓
d0172957_13485448.jpg



ギャラリーを見たあと、
外のデッキに出て本物の飛行機を眺めて、
最後にgift shop(おみやげ屋さん)へ。

Boeingのデザインの洋服やグッズのほかに、
飛行機の模型がいろいろあって、見本も置いてあるんだけど、
よく見るとそこにサインが。
これは”co-captain”って書いてあるから副操縦士の人だね↓
d0172957_1349832.jpg



こっちは、飛行機を作ってるスタッフのサインかな?↓
d0172957_13491167.jpg



私は、Boeing(ボーイング)のペンと、
この最新ジェット787型機のおもちゃを購入!↓
d0172957_13485978.jpg


テールライトが光って、
リアルなjet sound(ジェット機の音)が聞こえて、
pullback(チョロQみたいに後ろに引っ張る)すると
後輪でウィリーしたまま走る、
というミニチュアBoeing 787です↓
d0172957_1349136.jpg


「アンタ、子ども?」とデビブに言われながらも、遊んでいま~す049.gif


$15.50でたっぷり楽しませてもらいましたよ~003.gif
[PR]
ワシントン州といえば、
ジェット機で有名なBoeing(ボーイング社)の本拠地があります。
今日は、その工場見学ツアーに行ってきました↓
d0172957_14121584.jpg





場所は、カークランドから北に車で20分ほど行った、Mukilteo(マカルティオ)にあるFuture of Flight(フューチャー・オブ・フライト)と呼ばれるところです↓
d0172957_14115156.jpg


d0172957_14115910.jpg





ツアーは90分で、大人ひとり$15.50
私たちの回のガイドは、ラリー・キング似のDickさんです。
中で、最初短いムービーを見てから、バスに乗って工場に移動します↓
d0172957_14121951.jpg



残念ながら、工場内は撮影禁止なので、
ここからはFuture of Flight内の写真とともに、
説明をお読みくださ~い001.gif



ツアーはここから始まります
d0172957_14121274.jpg





このBoeing Everett Factory(ボーイング社エバレット工場)の建物は、the world's largest building by volume(容積で世界最大の大きさのビル)なんですって!
写真左にある平べったい建物がそれです↓
d0172957_14122286.jpg


ロサンゼルスのディズニーランドが一個丸ごと、
シアトルマリナーズのセーフコフィールドは10個、
バスケットコートなら911個分も入るそう。
あんまり広いので、従業員は1300台ある自転車で建物内を移動しているそうです。



滑走路もあって、テスト飛行していました。
41人のテストパイロットがいるそう。
敷地はパブリックの土地なので、
county(郡)に使用料を払っているんだって。
すごいお金なんだろうね。

こちらは、Dream Lifter(ドリームリフター)という貨物機
d0172957_14123482.jpg




工場は月曜から金曜まで24時間操業しているけど、土日は休み。
とはいえ、働いている人はちらほらいましたが。
平日は、
各パーツを1分に1インチずつ動かしながら組み立てているのだけど、
週末は動きが止まっていました。
例えば、これは工場じゃなくてギャラリーにあった空っぽのパーツだけど、こういう大きな機体のパーツを、絶えず動かしながら、中身を組み立てているのです
d0172957_14123159.jpg




工場の中には、機体の組み立てスペースと一緒に従業員のオフィスやカフェテリアもあって、
全部丸見え!
11階のビルに相当する空間が吹き抜けになってるので、
デスクワークしてる人たち、天井が高すぎて落ち着かないだろうな、と思った。。。



各パーツや部品は熱を使う溶接ではなく、
全部rivet(リベット。びょう)でとめているんだって。
リベットは伸び縮みできるから、
離着陸時の空気圧の変化に耐えられるんだそうです。


ツアーのチケットを買うときは、
空港の搭乗手続きみたいに自分でタッチパネルで買えるようになっています

d0172957_1412933.jpg



ところで、
ボーイングのジェット機は、
707(初期のジェット機)とか777(今までで一番大きい機体)とか、
名前に7がついているんですけど、
なんでだか、知っていますか?

実は最後の7は、
7がラッキーナンバーだから
つけているんだそうです。
結構単純なのね。


この最新のBoeing 787 Dreamlinerは、
今までで一番注文が入っているけど、生産が遅れているんだって↓
d0172957_14122779.jpg



Boeing787はハイテクで、
タッチすると暗くなる窓とかがついているんだって!
乗ってみた~い。
機体はcomposite fiber(複合繊維)でできているから軽くて、
fuel(燃料)も777に比べてbe over 20 % more fuel efficient(20%以上も燃費がよい)んだそうです。


この787は、
いろんなパーツが世界中から輸送されてきて作られています。
(例えば、Nose Section-機体の先端部分-は日本から来ている)。
各パーツをこの工場でわずか3日(!)でつなげているんだって。
だから、3日に一度この工場の扉が開くそうです。
ちなみに、この青い絵が描かれているのが扉部分。全部開くのに5分かかる
d0172957_14115662.jpg



飛行機を工場から出したら、
フリーウェイの上にかかっている橋を渡るんだけど、
この橋はワシントン州で唯一のprivate(私有)の橋となっています。
飛行機を工場から出すのは夜。
なぜなら、
ハイウェイを走ってる人が飛行機に気を取られて渋滞にならないように、005.gif
とのことです。


ANAが787機を55機注文しているそうで、工場外に新品のANAの機体がいくつも並んでいました
d0172957_14115244.jpg




工場の中では、素材を守るため、
機体にグリーンの塗料が塗ってあります。
工場の外に出たら、
それを石鹸と水で洗い流して、正式にペイントします。
赤色と黒色の塗料が特に重いんだって。
塗料を塗ると、機体が6001200パウンド重くなるそうです。



Future of Flightには飛行機の椅子が設置してあって、自由に座って休める
d0172957_1412282.jpg



ちなみに、
工場のすぐ外のパーキングに駐車できる人は、
障害者か、偉い人か、勤続25年以上の社員のみなんだそうです。



長くなりましたが、まだ続きます。
次回は、
デビブがcockpit(コックピット)に座ります!!
こうご期待!



訪れたゲストがどこから来たかを、ピンで刺せるようになっています。
世界地図バージョンもあった

d0172957_14123634.jpg

[PR]