カテゴリ:--フードバンク( 6 )

今日は今年最後のボランティアの日でした。


1218・19・20日の3日間は、
いつものフードバンクから食べ物が消えて、
すべてクリスマスプレゼントになるのです!!
素敵でしょう?
私もサンタの帽子をかぶって、がんばってきましたよ
d0172957_1392934.jpg




ギフトルームでは、
一人のshopper(お客)に一人ずつボランティアがついて、
子どもの数だけプレゼントを選んでいきます。


"three gifts per child"(子ども一人につき、ギフト3つ)を選べます。



年齢層によって、コーナーが違っていて、
たとえばここは、写真奥がBarbie(バービー)だから
5~10歳ぐらいの女の子がいるお客さんをつれてくる。
手前はbaby & toddler(赤ちゃん&幼児)用の洋服↓
d0172957_1395111.jpg



この写真では、
右側が赤ちゃん用のおもちゃ、
奥が男の子用のスポーツグッズ、
左は教育玩具やレゴがおいてあります。
あるお母さんについて回ってたとき、
I don't wanna give my boy guns.(銃のおもちゃは与えたくないわ)」
っていってたのが印象的でした。
I know. Especially nowadays...(そうですよね、特に最近は・・・コネチカットの事件もあったし)」と私↓
d0172957_1394341.jpg




洋服や靴や・・・↓
d0172957_139392.jpg



board game(ボードゲーム)もあります。
いつもはここ、checking counter(店でレジにあたる場所)なんですよ・・・
d0172957_1395537.jpg



ちなみに、この上からぶら下がってる飾りつけなんかは、
アート系の学生ボランティアがやってくれてました↓
d0172957_1310879.jpg




人によっては、子どもの書いた
wish list(欲しいものリスト)を持ってくるので、
そういうときは一緒に探してあげたりもします。


リストがあると選ぶのが楽なんですけど、
一番困るのがティーネイジャー向けのギフトを探すとき。
picky(いろいろ好みがうるさい)な年頃だし。。。
親も選ぶのに一番困っていました・・・。



女子はまだ洋服や靴やバス用品、化粧品などいろいろあるんですけど、
男子用は皆無に近かったです。


私は前からそれを他のボランティアにきいてたので、
今回、ダーツボードとヘッドフォンを寄付しました↓
d0172957_1316225.jpg



もう残ってなかったので、
きっと誰かが選んだんだろうな~。
よかった。



子供用ギフトを選び終わったら、
stocking stuffer(クリスマスの靴下に詰める小さなギフト)を選んで、
あとwrapping paper(包装紙)などももらえます。



そんなこんなで、
カートいっぱいギフトをもらって、
Happy Holidays!!(ホリデーおめでとう)」といいながら、
お客さんたちは喜んで帰っていきました。
おかげで、私も幸せな気持ちになりました。
d0172957_13101561.jpg


接客がぜんぶ終わって、
スタッフルームに戻ると、
ボランティアスタッフへの差し入れがいっぱい!
ピザやマフィンなど、私ももらって帰りました。
赤いエプロンの人は、ボランティアの先輩で大好きなメアリー。
本当にいろ~んなことを何でも教えてもらっています

d0172957_1310196.jpg


チョコレートとfudge(ファッジ)の違いがいまだにワカリマセン・・・。



先週、
いつものフードバンクのレギュラー・ボランティア仲間の一人が、
「去年はホリデーの時期にお金を寄付していい気分だったけど、
今年は自分のファミリーがピンチだから寄付できない。
まずは自分の家族が優先なんだ。しょうがないよね」
っていってたんですけど、
こうやって自分がボランティアできてるのも、
家族(デビブ)のおかげだな~と思ったのでした。



◎おまけ
今日覚えた言葉はBeanie Baby(ビーニー・ベイビー)。
これはクマなど動物のぬいぐるみの商品名。


生活していて、
英語の文法とか単語力とかも大事だけれど、
こういう固有名詞をいろいろ知ってるのは大きいなあと、常々思います。
知らない人とsmall talk(雑談)したり、雑誌を読んだりするときに、
理解度が全然違うんですよ。


たとえば、
鼻かむティッシュは
固有名詞のKleenex(クリネックス)っていったほうが通じるし、
逆にtissue(ティッシュー)っていうと、薄い包装用の紙と思われちゃう。



かゆくてたまらないっ!ていう人には、
anti-itch drug(かゆみ止めの薬)」より
Benadryl(べネデュリル)のみなさいよ」のほうが、
なんか自然なかんじがする。
日本でも「ウナ」っていう固有名詞が強いようにね・・・。


そんなかんじで、
ニュースや買い物、雑談で、固有名詞力を鍛えているこのごろです。emoticon-0165-muscle.gif
[PR]
前回の続きです。


さて、倉庫の中には、
大きなrefrigerator(冷蔵庫)と
freezer(冷凍庫)もあります。


ここは冷蔵庫↓
d0172957_4413294.jpg




野菜やフルーツ、ミルク、卵などを保存しています。



この野菜類などをお店に出したり、冷蔵庫にしまったりするときに
大活躍するのが、こちらの
Pallet Jack(パレット・ジャック)↓
d0172957_4412544.jpg



そしてこちらが
Pallet(パレット)↓
d0172957_441455.jpg


パレットの上に、野菜を入れたコンテナーを積んで、
パレットジャックを下に差し込んで
動かします↓
d0172957_4412887.jpg




私は、パレットジャックなんて
このフードバンクに来るまで全く知らなかったのですが、
ボランティア仲間に使い方を教えてもらい、
今では何トンもの荷物を一人で動かしています。



フードバンクで働く前に一番心配だったのが、
「腰が悪いので、重い荷物を持ったりできるだろうか?」
ってことでした。
でも、実際働いてみると、
重い荷物をそのまま持つ必要はないわけで、
小分けにしてから持ったり、
他のボランティアにヘルプを頼んだり、
こういう道具を使えばよい、ということが分かりました。



他のボランティアとの共同作業で、
仲間意識も高まりますemoticon-0100-smile.gif


倉庫には、ほかにもパン&デザートのコーナーがあります。
カビてしまったパンを捨てる場所もある。
写真撮れたら、また載せます。



さて、最後はdonation(寄付)のコーナーです。
一般の人が個別に寄付を持ってきてくれる場合があります。
そのとき、このスケール付きのパレットジャックに乗せて、
重さを量ります↓
d0172957_4415553.jpg




アメリカでは寄付をいっぱいすると
税金控除が受けられるので、
ここでドナーにレシートを渡します。
野菜なら、1lb(1パウンド)=$1.50の価値として計算します。


学校のプロジェクトで集めた食糧や、
Couponers(クーポンマニア)などが
食糧を大量寄付してくれることもあり、
アイデアしだいで、食べ物を分け合えるんだなぁと
いつも感心します。



倉庫についてはこんなかんじです。
また面白いことがあれば、レポートしたいと思います。




◎おまけ
フードバンクには、さまざまなグロサリーストアからの寄付が集まるので、
ここ一箇所でいろ~んなブランドの食品に触れることができます。

なので、自分では買わないけど、試してみたいブランドを
勉強のために試したりしています。

今は、オートミールの食べ比べをしています。
今のところ、Nature's Path(ネイチャーズパス)が美味しいかな。
Nature's Pathのグラノーラも、私は大好きです!emoticon-0148-yes.gif
d0172957_4415977.jpg


[PR]
今日は、私がボランティアしているフードバンクの
warehouse(倉庫)を紹介します。

倉庫は、お店の隣にくっついていて、
おそらくお店の2倍以上の面積があると思います↓
d0172957_3261792.jpg




Costco(コストコ)みたいに
コンテナーが上まで積みあがっています。


この棚は、商品のカテゴリー別に仕分けされています。
(色分けはお店での色分けと同じです)

この「B」のラインは、色が赤とオレンジだから、
赤=fruit(フルーツ)、
オレンジ=grain(グレイン。穀物類)
のコーナー↓
d0172957_3263351.jpg




back(奥)からfront(手前)にかけて、
何がどこに置かれているかが、ひと目で分かるようになっています。
上(奥)から
赤/マンダリンオレンジ&パイナップル
赤/ピーチ&梨
赤/アップルソース
赤/ミックスフルーツ
赤/ジュース
オレンジ/箱入り食品(ピラフとかパスタなどのキット)
オレンジ/クラッカー
オレンジ/シリアル
オレンジ/マカロニ&チーズ
オレンジ/パスタ
オレンジ/


d0172957_3263722.jpg




だから、お店で
「シリアルが品切れだな」となったら、
ここに来てシリアルを探して
お店にrestock(補充)するのです。



例えば、
お店でshopper(客)に「コーヒー豆ってある?」と
聞かれたとしましょう。
そしたら、ボランティアはまずここに来て探すわけです。
コーヒー豆は、ブラウンの
miscellaneous(ミスレニアス。さまざまな雑多なもの)コーナーにある。



棚にお目当ての商品がなければ、
次はここを探します。
ここは、sorting(分類)のコーナー↓
d0172957_327868.jpg



寄付された食糧はごっちゃになってフードバンクに届くので、
ここで分類するのです。
テーブルに、
色別に各カテゴリーの印があるので、
それを使って分けていきます↓
d0172957_3272871.jpg



分けたら、
カテゴリー別にコンテナーに入れて、
いっぱいになるまで、この棚で一時保存↓
d0172957_3271283.jpg




sorting(分類作業)は楽しいけど、けっこう時間がとられるから、
グループ(学校・団体)でのボランティアや、
昼間のシフトの人たちがやっています。
私はどっちかというと、お店のほうでお客さん対応&補充&掃除をやってることが多い。

昨日はガールスカウトの子達が母親と一緒に来て、
分類を手伝っていました。
ホリデーシーズンになると、アメリカではチャリティー熱(?)が高まるので、
フードバンクでもボランティアがぐっと増えるのです。


d0172957_327207.jpg




さて、
ここにも「お目当てのコーヒー豆がない!」
ってときは、
届いたばかりのdonation(寄付)のダンボールの中を漁ります↓
d0172957_3274789.jpg




私は、この作業をひそかに
treasure hunting(宝さがし)と呼んでいます。emoticon-0105-wink.gif


ここまでであれば、
お客さんに渡せるし、
なければ「ごめんね」となるわけです。

お客さんは2週間に一回しかフードバンクを利用できないので、
臨機応変になるべく探してあげるようにしています。
それがボランティアの最優先。



ちなみに、大容量の袋詰めの食品が届いたら、
こちらのbulk(バルク=ばら売り)コーナーにまわされます↓
d0172957_3273473.jpg




5lbs(5パウンド=約2.3kg)以上のものは
ここで中身を別の袋に小分けにして
お店に出します。
砂糖・小麦粉・オーツ・米など。

この小分け作業も私は普段やらないけど、
お客さんがどうしてもほしいものがあったら、
その人用に袋詰めして渡します↓
d0172957_3273875.jpg




せっかく寄付がここにあるのに、
利用者に渡せないんじゃ意味ないですからね。
倉庫の中をあちこち探して利用者が必要なものを渡せるか、
そこがボランティアの腕の見せ所(?)ですemoticon-0165-muscle.gif




Thanksgiving(感謝祭)など特別なときは、
特定の食品を別に取り置きしていました。
感謝祭に食べるスタッフィングやクランベリーソース、パンプキンなど↓
d0172957_3275539.jpg




倉庫内ツアー、次回に続きます。
[PR]
前回からの続きです。


さて、イエローnon-food(食べ物以外)コーナーまで回りましたね?
そしたら、次は無料コーナーに行きましょう。


この無料コーナーでは、
Limit 1 of each(各種類ひとつづつ)取ってもいいことになっています。
内容は、その時々で替わります↓
d0172957_11314514.jpg




この日はスパゲティやグリーンビーンズやコーンの缶詰など。
ライスやシリアルやトマトスープなどが置かれていることもあります。
ここには、(おそらく)企業から大量に寄付された食品などが並ぶので、
見たことがないブランドの商品が並んでいることもあります。
(もしかして寄付用に作ってるのかな?)↓
d0172957_11314993.jpg



最後、こちらは本(古本)のコーナー。
好きな本を2冊まで持って帰れます。
★人気・品薄商品・・・子ども向けの絵本、小学生用の字が大きめな読み物、ティーネイジャー向け読み物
d0172957_1131542.jpg




ここまでとったら、checking counter(会計カウンター)へ。
カウンターは4つあります↓
d0172957_11321651.jpg




お金は払わなくていいけど、
ここでボランティアスタッフにカードを渡して、
各カテゴリーの数があっているかどうかをチェックしてもらうのです。
利用者は自分でカウンターの上に、各カテゴリーの商品を
色別にsort(分類)して置いていきます。
それをボランティアが数えます↓
d0172957_11315986.jpg




チェックして、多ければここで戻し、
少なすぎれば「あと何個とれるよ」と教えてあげます。


前回、「肉は2つまで」という制限に触れましたが、
それ以外にも、品薄のため、
数に制限がある食品がいろいろあります。
写真右がその制限リスト↓
d0172957_11313114.jpg



1個までのもの・・・米、ドライシリアル、ミルク、卵(1ダース)、歯みがき粉、洗剤
1個までで、なおかつ同時にはもらえないもの
(どれか1つをえらばなければならない)
・・・小麦粉砂糖の中から1つ、コーヒー紅茶のどちらか1つ、トイレットペーパーペーパータオルどちらか1つ、シャンプーコンディショナーどちらか1つ
2個までのもの・・・冷凍肉



ここでゴネる利用者もいるー・・・(汗)emoticon-0107-sweating.gif



無事にこのカウンターを通過したら、
さらに無料かつNo Limit(好きなだけ持ってかえれる)の食品が
置いてある場合があります。
その時々によって替わるので、ボランティアが教えてあげます。



以上、フードバンクのお店はこんなかんじになっています。emoticon-0100-smile.gif



次回は、隣接するwarehouse(倉庫)や、
donation(寄付)なんかについても取り上げたいと思います!




◎ルースのおもしろ缶詰
コーディネーターのルースは、レア缶詰を集めています。
50年以上前の古~い缶詰とか、
内容が「?」なものとか。

例えば、写真中央の、コレ!
"creamed possum"(フクロネズミのクリーム煮)
ウ~、Yuck!(オエッ!emoticon-0119-puke.gif)↓
d0172957_11335925.jpg


※これらはお店には出てなくて、オフィス内のディスプレイです。


その右隣の"Old English"っていうのも、「?」
Old English "what"?(古いイギリス風の、だから何よ?)


ちなみに、ルースのコレクションには、チョーヤ梅酒もありました。
彼にとっては珍しいらしい。
[PR]
今日は、私がボランティアしているFoodbankフードバンク)を、
写真付きでご紹介します。


フードバンクのお客さん=利用者は、
まずこのオレンジのオフィスにいって、
受付をします↓
d0172957_9273920.jpg




一般的なフードバンクでは、
利用者が訪れると、あらかじめ用意してある食べ物のセットを
「どうぞ」と渡されるのが一般的だと思うのですが、
うちのフードバンクは少々ユニークで、
grocery store style(スーパーマーケットみたいなお店スタイル)に
なっています。


これは、
利用者の"人としての尊厳"をより守るため。
自ら食べたい食糧を選べる、選択の自由を与えているわけです。


ですから、各household(世帯)につき、一枚ずつ、
このカードをreceptionist(受付係)から受け取ります。
上は5人家族用。下は6人家族用
d0172957_9272814.jpg



これは、世帯人数によって、
各カテゴリーから何個までもらってもよいか、を表すカードです。
この数にそって、"お買い物"をするのです。
色別に、

グリーン・・・野菜
・・・フルーツ
ピンク・・・スープ
オレンジ・・・グレイン、穀物類
・・・プロテイン
ブラウン・・・いろいろ
ブルー・・・冷蔵・冷凍の食品
イエロー・・・食べ物以外
白い袋・・・生鮮野菜

というカテゴリー分けになっています。
(各カテゴリー別に、人気・品薄商品を後述しましたので、
寄付を考えている方はぜひ参考にしてくださいね)




さぁ、店内に入りましょう!


まず、ここでカートをとります↓
d0172957_9274469.jpg



このカート、実はCostco(コストコ)のもの。
コストコからの寄付と思われます・・・↓
d0172957_9274957.jpg




奥にズズズィと進むと、棚があります↓
d0172957_9275962.jpg



まず、ここから。
右のグリーンは野菜(缶詰など)コーナー、
左の赤はフルーツコーナーです。
ここで、自分のカードのグリーンの欄に例えば「4」と数字があったら、
野菜の缶詰類を4つまで選べます↓
d0172957_9281157.jpg


どういうものがあるかというと、
野菜はトマト缶やコーン、オリーブ、グリーンビーンズ、マッシュドポテトの素などなど。
★人気・品薄商品・・・いつも大体足りているが、あえていうならマッシュドポテト


フルーツは、各種フルーツの缶詰、アップルソース、100%果汁ジュースなど。
★人気・品薄商品・・・100%果汁ジュース(大きいボトル&子ども向けの飲みきりサイズ)



ピンクはスープのコーナーです。
チキンヌードルスープ、トマトスープ、ブロス類、インスタントラーメンなど。
★人気・品薄商品・・・料理に使うブロス類、インスタントラーメン
d0172957_9281663.jpg




オレンジはグレインコーナー
米、ドライシリアル、オートミールなどのホットシリアル、パスタ、乾麺、クラッカー、マカロニ&チーズなど。
★人気・品薄商品・・・朝食用のドライシリアル(コーンフレークやグラノーラなど何でも!)、米、クラッカー、いろいろな形のパスタ(長くないやつ)

紫はプロテインコーナーです。
ツナ缶、ドライの豆類、キドニービーンズやガルバンゾーなどの水煮豆の缶詰、チリビーンズ、ラビオリ、ビーフシチュー、ピーナッツバターなど。
★人気・品薄商品・・・この部門はなんでもまんべんなく人気
d0172957_9282188.jpg





ブラウンは、miscellaneous(ミスレニアス。さまざまな雑多なもの)コーナー。
ドリンク類、ソイやアーモンドなどのミルク類、小麦粉・砂糖・ミックスなどのベーキングの材料、チップス、お菓子、ドレッシング、ジャム、コーヒー、紅茶、ココア、スタッフィング、グレイビーソース、アジア&エスニック食材、などなど。書ききれません。
★人気・品薄商品・・・ケチャップ、マスタード、マヨネーズ、油、チップス、砂糖、小麦粉、コーヒー、紅茶
d0172957_9282657.jpg




ブルーは冷蔵・冷凍の食材
肉、シーフード、ヨーグルト、卵、ミルク、チーズ、バター、サラダ、サンドウィッチ、ティップ類、など。
★人気・品薄商品・・・肉類なんでも!(いつも品薄状態)ほか、このセクションすべていつでも品薄
d0172957_9283125.jpg




肉は制限があって、2つまでです(品薄のため)。
といっても、ほとんどないことのほうが多い。。。
食材によって、いろいろなものに「何個まで」という制限があるので、
今度改めてまた説明します↓
d0172957_9283542.jpg




家族の人数によって、
冒頭のカードとともに、白い袋を渡されるのですが、
その袋には、このfresh produce(生鮮野菜)コーナーで、
詰めれるだけ詰めてもよいシステムになっています↓
d0172957_9294460.jpg



生鮮野菜、といっても、
せいぜいこの程度の鮮度でまだいいほうです↓
d0172957_9293164.jpg


フードバンクの利用者は、
一般の人よりおおよそ一週間遅れの食べ物を食べているんだそうです。
スーパーの売れ残りがフードバンクに回ってきたりするので、
野菜なんかはどうしても鮮度が悪くなってしまいます。
ですから、サポーターである大型農家に直接赴いて、
フードバンク用に収穫をしてくる、というボランティアもあります。
私も、夏に一度やりました。
フレッシュで、なおかつオーガニックの野菜は、
フードバンクにとって、とても貴重なものです。
中には、自宅でガーデンをしている人、庭にリンゴの木がある人、
農業関係の学校関係者など、
自分で収穫した農作物を寄付してくださる方々もいます。
大変ありがたいことです。


イエローのコーナーはnon-food(食べ物以外)のコーナー
フードバンクなのに、意外にも、食べ物以外のものも扱っています。
洋服(手袋や帽子やコートなども。現在は新品のみ)、シャンプー&コンディショナー、風邪薬など処方箋のいらない薬類、トイレットペーパー、キッチンペーパー、洗剤、おもちゃ、ブランケット、ベビー服、粉ミルク、離乳食、紙おむつ、ドッグフード&キャットフードなど。
★人気・品薄商品・・・シャンプー&コンディショナー、薬、トイレットペーパー、紙おむつ(特にsize3~6の大きいサイズ)、粉ミルク、ベビー服、ドッグフード
d0172957_930533.jpg




イエローのコーナーの隣は、パンとデザートコーナー。
sliced bread(スライスしてあるパン)と
ベーグルやバンズなどのother bread(その他のパン)に分かれています。
ここは、ほとんど地元のスーパーからの寄付が多いです。
★人気・品薄商品・・・ケーキやドーナツなど、各種デザート
d0172957_9304425.jpg





まだ少しありますので、次回に続きます。
[PR]
ブログに書いてなかったのですが、
いま、Foodbank(フードバンク)で週2回ボランティアをしています。
今年6月に始めたので、もうすぐ丸5ヶ月になります。
※今日の写真はイメージです
d0172957_4171748.jpg


このボランティアと、新居での生活もろもろで
ちょっと毎日が忙しくなり、
ブログをサボリがちになっていたのですが・・・・・・・・・emoticon-0107-sweating.gif


ボランティア活動は、今の私の生活の重要な部分を占めているので
ぼちぼち書いていこうかな、と思い立ちました。


あと、あまり日本人にはなじみのないシステムだと思うので、
豆知識なんかも交えて、
今度少しずつ書いていこうと思います。


今日はまず、基本的なところから。


【フードバンクとは?】
食べ物を無料でクライアントに配布するところで、
非営利団体によって運営されています。


【クライアント(利用者)は誰?】
主な利用者はlow-income families(低所得家庭)です。
各家庭の所得や、家族の人数、
赤ちゃんやschool children(学童)の有無、
などによって、それぞれもらえる量が異なってきます。
私の行ってるフードバンクは、
each household(各家庭)につき、
2週間に1回、利用できることになっています。


【何がもらえるの?】
配布される食べ物はdonation(寄付)でまかなわれています。
一般家庭から寄付されるcanned foods(缶詰)や
大きな農家からのfresh produce(生鮮食品)、
近所のgrocery stores(スーパー)から
売れ残りのパンやデリやデザートなど、
さまざまなものが
フードバンクのwarehouse(倉庫)に集まって来ます。
シャンプーやおむつ、処方箋のいらない薬、洋服なんかも
うちのフードバンクには置いてあります。



以前、オレゴンに住んでいたときは、
soup kitchen(ホームレスや低所得者のための無料レストラン)
ボランティアしていたのですが、
そこもフードバンクによって運営されていました。
Dining Roomの記事参照



今後は、(できれば写真付きで)、
私の仕事やフードバンクの様子を紹介していこうと思います!emoticon-0100-smile.gif
[PR]