カテゴリ:--レストラン( 21 )

ソイソース2013310日号に寄稿した記事です⇒
http://www.soysource.net/gourmet/パセオ/
(リンクしていませんので、お手数ですが、コピペして検索してください)


Fremont(フリーモント)の超人気店、Paseo(パセオ)。
こんなサンドウィッチを売っています↓
d0172957_1215560.jpg



道沿いのプレハブみたいな建物で、
キューバン・サンドウィッチを販売しています↓
d0172957_1212046.jpg



オープンと同時に行列が・・・(といっても、日本みたいにきちっとした列は作らない・・・)↓
d0172957_1212965.jpg



中には一応座れる席はあるのですが、
まず座れないと思っていたほうがよさそう・・・。
なので、to go(持ち帰り)で注文します↓
d0172957_1213633.jpg



いろいろあって迷うけど
こちらのカリビアン・ローストと・・・↓
d0172957_1214027.jpg



パセオ・プレスが、特に人気のようです。
チーズが、とろける~↓
d0172957_121474.jpg




Ballard(バラード)の、
Golden Gardens Parkに行く途中にも、パセオの店舗があります。
けど、「天気がよいな~。海みながら食べたいな~」と行ってみたら、
ものすっごい行列ができていました。
みんな、同じことを考えているんですね!emoticon-0104-surprised.gif


というわけで、パセオに行くなら、早め早めがお勧めですよんemoticon-0105-wink.gif
[PR]
去年暮れから、シアトルの日本語新聞『Soy Source(ソイソース)』紙に
レストランレビューを寄稿させてもらっているのですが、
そこで載せられなかった写真をブログで載せていこうと思います。
ソイソース・オンライン版で記事がアップされたら、そちらともリンクしようと思っています。



まず、最新の425日号から。
Ballard(バラード)にある
La Carta de Oaxaca(ラ・カルタ・デ・オアハカ)という
メキシコ料理店。
メキシコの中でも、南部のオアハカ地方の料理が食べられます。


オアハカ地方といえば、mole(モーレ)と呼ばれる独特のソースが有名。
その中の一つ、黒モーレを堪能できるのが
写真手前の
Mole' Negro Oaxaqueňo(モーレ・ネグロ・オアハカーニョ)$11
d0172957_1341424.jpg



カレーライスみたいに見えるけど、味は全然違います。
甘酸っぱくって、焦がしたペッパーみたいな風味があって、
でも苦くはない。
チョコレートやらペッパーやらいろいろな材料を使っているそう。
ごはんもパーフェクトに炊いてあって感動しました。

奥はハリバットのフレークが入ったフィッシュタコス。
これも「魚を食べてる!」って満足できる味でしたよ。
キュキュキュッとライムを搾って召し上がれ~。



こちらは、Carne Asada Plato(カルネ・アサダ・プラート)$12
カルネは肉、アサダはグリルした、の意
d0172957_134812.jpg


とっても色が鮮やかで、皿がきた瞬間、テンションがあがりました(笑)

肉は薄いけど、味付けが塩コショウでシンプルなので、
肉の味を楽しめ、「肉を食べてる!」って気になれます。
トルティーヤがついてくるので、
豆とかご飯とかを肉と一緒にはさんで食べてもおいしいです。



サルサを自由に選べるサルサバーもあって、
そこでsalsa verde(グリーンサルサ)などをとってきました。
トマトのぶつ切りみたいなやつは、
pico de gallo(ピコ・デ・ガジョ)という薬味みたいなもの。
guacamole(グワカモーレ)はしょっぱすぎず、ほどよくつぶしてあって、
フレッシュでとても美味しかった↓
d0172957_1324098.jpg




お店の中も雰囲気よいですemoticon-0159-music.gif
もし可能なら、昼間は窓際の席が明るくて気持ちいいemoticon-0157-sun.gif
カウンター席もキッチンが見えて楽しいかも。
キッチンの中では、女性たちがきびきびと働いていました。
トルティーヤを手作りしている光景を見てたら、
なんかお母さんがキッチンでごはんを作ってくれているみたいで
ほっとした気分になりました~↓
d0172957_1323289.jpg



お店の外観はシンプルなレンガ造りです↓
d0172957_133595.jpg



入り口のドアのところに店名が書いてありますので、
お見逃しなく!↓
d0172957_133040.jpg


[PR]
シアトルのGreenwood(グリーンウッド)にある
Aloha Ramen(アロハラーメン)に行って来ました。
とあるストリップモール内。
え、ほんとにココなの?営業してるの?
と恐る恐る扉を開けてみると・・・↓
d0172957_2201623.jpg



扉を開けると、いきなりそこにテーブルがあって、
すでに満席状態。
2人用テーブルが6つに、カウンターという、
ごく小さな空間の中に、
ラーメンを夢中でほうばる人々、そして、
その座席と座席の間をすり抜けて
次々と注文を運んでいく、スリムな店員さん。
ラーメンの湯気と、熱気と・・・。
外からはちょっとうかがい知ることができない、
なんか不思議なワクワク感↓
d0172957_2202380.jpg




待っている人が何組かいて、
私たちも席があくまで待つことに。
ダイニングスペースが狭いから、
通路に置いてある椅子に座る↓
d0172957_2202071.jpg


待っている間、メニューを見る。
ここのラーメンは、トンコツラーメンこそないけれど、
バラエティが非常に豊か。
定番の味噌・醤油・塩ラーメンに加え、
-mabo katsu ramen(マーボーカツラーメン)
-tonyu ramen(豆乳ラーメン)
-black sesami ramen(黒胡麻ラーメン)
-kimuchi mochi ramen(キムチ餅ラーメン)
-cheese ramen(チーズラーメン)
などなど、ほかにもいろいろありました。


私は、アメリカに来て以来、初めて食べる
Tan Tan Ramen(担担麺)$8にトライ。
sesami peanut chili miso base(ゴマ・ピーナッツ・チリ味噌ベース)で、チャーシューと野菜が乗っています。ゴマとピーナッツでスープにコクが出てて、おいしい~。坦坦麺っていろんなパターンのがあるけど、これ好き。シアトルで食べられてうれしい↓
d0172957_22026100.jpg




デビブが注文したのはなんだっけ?
忘れてしもうた。
あと、Garlic rice$7(ガーリックライス)、これが美味しかった。
ラーメンに合うし、次に来たらまた食べたい一品です↓
d0172957_2203076.jpg



日本の食堂みたいで、
フラッと寄って食べられたら、
なんか得した気分になるかんじのお店だな~。
[PR]
週末、シアトルのColumbia city(コロンビアシティ)というエリアへ
初めて行って来ました。


目的は、Puerto Rican food!
(プエルトリコ料理)


の、はずだったんだけど・・・emoticon-0107-sweating.gif



行ってみたら、目的のお店El Pilon(エル・ピロン)は閉店していた↓
d0172957_16153012.jpg


ケータリングだけになったらしい↓
d0172957_16152661.jpg




プエルトリコのmofongo(モフォンゴ)という料理を
食べるのが目的だったのに。残念。



気を取り直して、
似たようなジャンルの別のお店に行ってみることに。
同じくコロンビアシティにある
Island Soul(アイランド・ソウル)というお店へ

d0172957_16154377.jpg




ジャマイカとか、カリビアン全般的な料理のお店みたい。
プエルトリコ料理専門店ではなかった。


ここの近辺には、
セネガル料理屋さんとか、東アフリカ料理屋さんなど、
珍しい国のレストランが目に付く。
このアイランド・ソウルというお店でも、
すぐ隣でアフリカンアメリカンのグループが大声で話してたし、
なんだか客層がインターナショナルな雰囲気。



さて、食べ慣れない地域の料理だから、
注文を決めるのに時間がかかる。
なので、友達が選んでくれた前菜をまずトライ。


両方ともプランテンという料理用のバナナを使ったアペタイザーで、
手前が、甘いsweet plantains(スイート・プランテン)$6
奥がtostones(トストネス)$6
トストネスは、甘くないサツマイモの天ぷらみたいな味がした↓
d0172957_16153466.jpg




それから、私とデビブは、迷いに迷って、
手前:Southern Fried Catfish(揚げナマズ)$9
奥:Caribbean Jerk pork spare ribs(カリビアン・ジャーク ポークスペアリブ)$9
左:Macaroni & Cheese(マカロニ&チーズ)$3
を注文↓
d0172957_16153716.jpg




ナマズは、ダークミートの部分が独特な泥臭い風味がする。
白身は白身魚とあんまり変わらない味。


ジャークは、BBQポークに似てたけど、スモークの風味が強い。
そんでもって、後からものすごく辛くなる!emoticon-0121-angry.gif


それを、甘ったる~いノンアルコールの
Ginger Beer(ジンジャービール)$3で流し込んだemoticon-0167-beer.gif
風邪のときに飲むハチミツしょうがみたいな飲み物。
口の中が、異国情緒でいっぱいに(笑)emoticon-0170-ninja.gif



私にとっては、
とっても異文化な体験で面白かった。

サーバーの女の子が、偶然、日本語を勉強してる子だったので、
「キャー!今言ったことわかったわ!emoticon-0137-clapping.gif」と興奮してて
それもかわいかった。


宇和島屋のあるインターナショナル・ディストリクトは、
どっちかっていうとチャイナタウンだけど、
コロンビアシティは、
また違った分野のインターナショナルなエリアだなぁ。。。



帰り際、地元の小さいお店のショーウインドーを見ながら歩いていたら、
こんな古~い昔の電卓を見つけた↓
d0172957_16154734.jpg




うん、コロンビア・シティ、なんかいい味でてる!
[PR]
410日号の『Soy Source』ブランチ特集で、
ライターとして3店担当させていただきました。

※『寿司割烹 田むら』の記事はhttp://www.soysource.net/gourmet/寿司割烹 田むら/で読めます。(文字化けするので、リンクしていません。すみませんがこのアドレスをコピペして検索してください)


その中の一軒、Sushi Kappo Tamura(寿司割烹 田むら)さんのお寿司。
美しいですね↓
d0172957_14111886.jpg




上は、ブランチメニュー"寿司御膳"のお寿司です。
ネタはそのときによって替わるそうです。

NW(米北西部)の新鮮なお魚が、
こんなふうに美しい日本料理・寿司になり、
人種・国籍を問わず食べた人を感動させる。
なんともドラマティックですね。


シェフの北村さんは、同じくシアトルにある寿司店「Shiro's」などで修行された方で、
シアトルで高い評価を受けていらっしゃいます。
ちなみに、「Shiro's」の加柴司郎さんは、かのゆうめいな「すきやばし次郎」の小野二郎さんと一緒に働いた仲で、現在、二郎さんのお弟子さんが「Shiro's」で働いてらっしゃるんだとか。そんなつながりがあります。




御膳についてくる小鉢も、
細部までとても美しい。
これはバンバンジー
d0172957_14111478.jpg




見た目だけじゃなく、もちろん
味もすばらしいですよ。
一つ一つが繊細で、
素材の味を生かした優しい味付けなのがいい。
こちらは"朝御膳"
d0172957_1411824.jpg




こっちは"昼御膳"
d0172957_14154425.jpg




ぜひみなさん食べに行ってみてください。
[PR]
お友達に教えてもらった、
サラミのお店Salumi(サルーミ)に行って来ました↓
d0172957_1183821.jpg



豚の看板が目印。
アムトラックのKing Street Stationの近くにあります↓
d0172957_1184155.jpg


ここは、
アメリカの有名シェフであり
イタリアンの鉄人Mario Batali(マリオ・バターリ)の
お父さんのお店。
マリオはお昼の番組『The Chew』にも出演しているよ。


平日しかやっていないし、かなりの行列らしいemoticon-0112-wondering.gif・・・
と聞き、
朝から早めにきて、20分前に着いたら、
すでに5人ほどの行列ができていました。


それからどんどん行列はのび、
開店時刻の11時には、
20人近くになっていたんではないだろうか?


店内は細長~くて、狭~い!
そこに、開店と同時にどどっと人が流れ込み、
いきなり活気と熱気が充満!!↓
d0172957_1184575.jpg





壁のブラックボードのメニューをゆっくり見る時間もなかった。。。
私がオーダーしたのは、
ホットサンドウィッチの中から、
Porchetta(ポルケッタ、と読むのだろうか)。
やわらか~いポークの煮込みが、
こぼれそうなくらいはさんであります。ヤッホィemoticon-0159-music.gif
d0172957_1184860.jpg


ちなみに、お友達のサンドウィッチは、Proscuitto(生ハム)とFig(いちじく)とGoat Cheese(ゴートチーズ)。このゴートチーズ、めちゃ美味しかったemoticon-0152-heart.gif

お店が狭くて、
2人用丸テーブル2つと、
8人用長テーブルと、
入り口付近に1人用(?)のカウンター席しかありません。
だから、食べたらさっさと退散しなければ・・・!emoticon-0107-sweating.gif
お店に入って食べて出てくるまで、たったの30分でした。



デビブのお土産に買ったのは、
コールドサンドウィッチの、Coppa(コッパ)。
チーズはモッツァレラ。
ちなみに、サンドウィッチのパンは
写真のソフトタイプのチャバタか、バゲッドかを選べます

d0172957_1185998.jpg



メニューがイタリア語だからよくわからなくて、
いちいちどういうものが聞いてたら、
ちゃんと生ハムの味見をさせてくれました。
このcoppaは、スパイスがきいていて、少々辛めだったけど、
口の中に入れたときの脂の溶け具合にやられましたemoticon-0148-yes.gif




デビブのお土産サンドウィッチのほか、
サラミも1/2パウンドずつ2種類買いました。
サラミは1パウンド17ドルくらいでした↓
d0172957_119453.jpg



これは事前に調べていって気になった
Finocchiona(フィノキオーナ?フィノチオーナ?読めない・・・涙
fennel(フェンネル)とblack pepper(ブラックペッパー)と、
curry(カレー)入り。
カレーの風味で、やや酸味があるっていうのが面白い↓
d0172957_119824.jpg



もう一つは、本日のおすすめにあげられていた、
oregano(オレガノ)入りサラミ。
色が鮮やかで、
スパイスが強くなく、マイルドな味↓
d0172957_1191216.jpg



「サラミは、冷蔵庫に入れて保存しないでねemoticon-0133-wait.gif」と言われたので、
シャイロの手の届かないカウンターの上に置いてあります。
包みを開けただけで、シャイロがうれしそうに寄って来ます。
(あげないけど)


デビブのビールemoticon-0167-beer.gifのつまみに、
そして、
フェンネルと一緒にトマトソースで煮込んでパスタにあえたりと、
我が家ではいま、サラミが大活躍中で~すemoticon-0105-wink.gif
[PR]
Ballard(バラード)地区にある、
The Walrus and the Carpenter(ザ・ウォーレス・アンド・ザ・カーペンター)
生牡蠣を食べにいきました↓
d0172957_73737.jpg




ユニークな店名は、‘Alice in Wonderland’(不思議の国のアリス)で知られるLewis Carroll(ルイス・キャロル)の作品『セイウチと大工』に由来。
セイウチと大工が、一緒に散歩に誘ったオイスターたちを、
最後には食べちゃう、っていうお話なんだって。無邪気で残酷じゃ。。。
ここ入り口
d0172957_722466.jpg



通りから離れた隠れ家っぽいロケーションが素敵。
なおかつ、
4-5pmまでオイスターが半額!
5-6pm25%offという、なんともうれしいハッピーアワー!
店はこの奥にあるぞよ
d0172957_722768.jpg


3時半ごろお店の前に行くと、もう待っている人が。。。
その人が「あなたたちも、オイスターファン?ここのは最高よ!
オイスターだけじゃなく、シーフードのサイドメニューも
本当に美味しいの!emoticon-0148-yes.gif
と大絶賛。



席数が少ない小さな空間だから、多くのゲストが開店前に並んでいました。
4時になり、すぐ入れた私とデビブは、バーカウンターへ。
カウンターはキッチンに面していて、
目の前に、氷漬けのオイスターがいっぱい!!!emoticon-0115-inlove.gif
d0172957_724222.jpg




そんでもって、
ここから、オイスターの殻割り作業がライブで見えるの!↓
d0172957_724733.jpg



ライブだな、と思ったほかの理由は、
スタッフがみんな若いこと。
アップテンポの音楽が流れていて、人がきびきび動いていること。
隣同士が近くて、知らない人同士が料理について話したりできること。
ヨーロピアンな雰囲気
d0172957_725010.jpg




バルコニー席から外の光と風が入ってくること↓
d0172957_723927.jpg



そしてこの写真奥の壁。
これは鏡ではなく、窓!
なんと、隣の別のレストランの中が丸見え!
向こうは何料理かわからないけど、
厨房でコンロの火がブワッと勢いづいてる様子や、
ゲストでいっぱいのダイニングが見えちゃう↓
d0172957_725446.jpg




そうやってワクワクしていると、料理がきました。
Grilled Sardines(グリルしたイワシ)。
皮や小骨はパリパリ、中はふんわ~り。
イワシをwalnut(クルミ)と合わせるのが斬新↓
d0172957_73339.jpg



Scallop Tartare(ホタテのタルタル)。
レモンクリームと、バジルで、さっぱり食べられる↓
d0172957_725984.jpg



そしてやってきました、Oysters on the half shell(生牡蠣)。
まずは、Samish Sweet, Totten Virginica, Baywater sweets
4つずつ。すべてワシントン州産↓
d0172957_731088.jpg



emoticon-0168-drink.gifTotten Virginicaは、超~クリーミー!! おいしいけど、あまりにクリーミーすぎて、いっぱいは食べられない気がする。今まで食べた生牡蠣の中でも最高ランクかも。 
emoticon-0168-drink.gifBaywater sweetsは海の味!何もつけないで食べたい!


今まで、オイスターには
カクテルソースとかシャンパン・ヴィネグレットをつけて食べてたけど、
このお店で
レモン少々+ホースラディッシュのみ、っていうのを経験して、
これが本来の食べ方なのかも!emoticon-0104-surprised.gif
牡蠣って、海水の味だけで食べたらこんなに美味しいのね!emoticon-0104-surprised.gif
と新鮮な感動がありました。



2回目の注文。
Kusshi, Hama Hama, Treasure coveを2つずつ。
KusshiBritish Columbia(カナダのブリティッシュ・コロンビア州)産。
あとの2種はワシントン州産。


emoticon-0168-drink.gifHama Hamaは、Totten Virginica に負けず劣らずクリーミー。
emoticon-0168-drink.gifTreasure coveは、食べた瞬間はあっさりしてるけど、
後味がものすごい!クリーミーな旨みが、耳の下の唾液腺あたりに
キュゥ~っと広がるかんじ?



ほかに注文したのは、
Chicken Liver Mousse(チキンレバーのムース)。
ムースの上に黒トリュフが↓
d0172957_731476.jpg



レバームースと、bread and butter(パンとバター)は
ちょっと重かったな。
でもどっちも美味しかったけど。
次回はデザートのdrinking caramel(飲むキャラメル)とか、
いろいろあるカクテルなんかも試してみたいemoticon-0105-wink.gif



私は今まで、Kumamotoっていうオイスターが一番好きだったんだけど、
このレストランで、オイスターの新たな境地を見せてもらった、
そんな気がしました。
The Walrus and the Carpenterは、また来たい、体験したい、
"オイスターのワンダーランド"レストランです!




◎もうひとつの、とっておき空間
The Walrus and the Carpenterに早めについて、時間をつぶすために、隣接するバイクカフェでお茶(デビブはビール)してました↓
d0172957_733125.jpg



ここは、Dutch Bike Co.っていうバイク屋さんのカフェ↓
d0172957_733541.jpg


よく、犬連れOKカフェとかあるけど、ここはバイクOKカフェってかんじで、自転車を押した人がぞろぞろそのまま入ってくる(笑) カフェの奥に、自転車屋さんがあって、修理してる人がいました。面白い空間!↓
d0172957_733991.jpg


[PR]
今日のエントリーは、
犬に興味ない人にとっては
「はぁ?なんのこっちゃemoticon-0114-dull.gif」っていうかもしれないお店なんですけど。。。


シアトルのNorthgate(ノースゲイト)にある
Bark! Espresso(バーク・エスプレッソ)というカフェにいきました↓
d0172957_0543162.jpg



"犬も入ってOK"なカフェなので、
どういうところか気になって・・・。


この真ん中の白いドアが、カフェの入り口。
左隣には、doggy day care(犬の保育園)が隣接していて、預けることができます↓
d0172957_0551618.jpg



お店の人に念のため
Can my dog go in with us?(犬も入れますか)」って聞いたら、
「犬と入れる部屋は隣にあるから、そちらで注文してね」
とのこと。
白いドアは、人間オンリーのスペースらしい。



で、すぐ隣の、犬と入れる部屋へ。
ソファーとテーブルがあって、
不思議空間だ~↓
d0172957_0544243.jpg



シャイロも一緒にソファーに座る。。。
家にいるみたいだ~↓
d0172957_055888.jpg



この部屋には、小さな窓がついてて、お店のお姉さんが
「ここで注文してねemoticon-0105-wink.gif
とのこと↓
d0172957_0545299.jpg



窓のところに、犬用のtreats(おやつ)が入った瓶がありました↓
d0172957_0551037.jpg



「これは自由にあげていいわよ」
とのことだったので、
シャイロにもあげてみる↓
d0172957_0545896.jpg




この空間は、犬OKなだけでなく、
free Wi-Fi(無料インターネット)も楽しめます↓
d0172957_0544710.jpg



なので、持参のラップトップで、
リアルターのケビンとメールを始めるデビブ・・・。
(このとき、ちょうどオファーを入れるかどうか考え中だった)
d0172957_05527.jpg



デビブが自分のこと始めたし、
他に犬のお客さんもいないし(来た時間が早すぎたらしい)、
なんかつまらん・・・emoticon-0114-dull.gif



このカフェでの唯一のハイライトは、
置きっぱなしのクリスマス・デコレーションの箱を取りに来た
犬好きのおばさんと、少々触れ合った程度。
(もう4月なのに、なぜ今頃取りにきたんだろう?)



てなかんじで、
「なんか、家にいるのとあんまり変わんないじゃん?」
っていうカフェだったのでした(笑)↓
d0172957_0543792.jpg



でも、カプチーノ、おいしかった!
犬連れの友達同士でちょっとお茶するには、よいかもemoticon-0105-wink.gif
[PR]
弟に、滞在中やりたいことを聞いたら、
「オイスターを食べたい!」
というので、
前から私も行ってみたかったThe Brooklyn(ザ・ブルックリン)に
母と三人でいってみました↓
d0172957_12502726.jpg



fresh oysters on the half shell(半殻に入った新鮮生牡蠣)から、
シェフのデイリーセレクション11種類13個を注文。
ドドーン!!
d0172957_12503428.jpg



牡蠣は
kumamoto(クマモト)以外、すべて
WA(ワシントン州)か
BC(ブリティッシュコロンビア。カナダの)産のものでした。
一つ一つ味が違って、美味しかった!emoticon-0115-inlove.gif


ソースが3種類ついてきて、
そのうち、弟は
Champagne mignonette(シャンパン・ミニョネット・ソース)が
いたく気に入ったようでした。私も好き!
d0172957_12503965.jpg



ほかには、
crab cake(クラブケーキ)の入った
bouillabaisse(ブイヤベース)と・・・↓
d0172957_12504422.jpg



サンドウィッチ・・・↓
d0172957_12504712.jpg


あとは、clam chowder(クラムチャウダー)を
みんなで、分けて食べました。


オイスターバーもあります!
ブース席は、プライバシーがしっかり守られていて、
隣の席も全然見えないほどです。
サーバーもジェントルマンemoticon-0105-wink.gif
今度はデビブと一緒に来たいな、ブルックリンemoticon-0159-music.gif
d0172957_12505369.jpg





翌々日・・・。




弟、またまた生牡蠣を食す!
悔いのないようにねemoticon-0110-tongueout.gif
ここは、
前に母を連れてきた、
Elliott's Oyster House(エリオット・オイスターハウス)。
写真のオイスターはすべてWA(ワシントン州)産

d0172957_1251163.jpg




以前、地元紙に
"The Brooklyn VS Elliott's Oyster House"
(ザ・ブルックリン 対 エリオット)の比較記事が載っていて、
興味深く読んだのですが、
その記者いわく、


Elliott'sは牡蠣の中に貝殻の破片が入ってるけど、
The Brooklynはきれいに取り除かれているemoticon-0133-wait.gif


とのことで、
実際行ってみたら、そのとおりでしたemoticon-0104-surprised.gif
あとは、The Brooklynのほうが、
ソースが3種類ついてきて、
私も弟も好きでした!


とはいえ、
Elliott'sも、ウォーターフロントで景色がいいし、
ハッピーアワーもあるから、
なかなか好きなお店です。
オイスターのほか食べたもの、
steamed clams & mussels(蒸しアサリ&ムール貝)、
Seafood Fettuccine(魚介のフェットチーネパスタ)↓
d0172957_12512076.jpg




と、
弟の目的達成~~~。

シアトルのレストランで
ノースウェストの味覚を、emoticon-0148-yes.gif
家族で満喫したのでした↓
d0172957_12512317.jpg




まだまだどんどん続くよ~、滞在記。。。
[PR]
今朝は早起きして、ブレックファストを食べに、
Capitol Hill, Seattle(シアトルのキャピトルヒル)にあるダイナー、
Glo's(グローズ)へ行ってきました↓
d0172957_4192291.jpg



またまた、
eggs benedict(エッグズ・ベネディクト)目当てです!
私、本当に好きだよな~これ。。。emoticon-0110-tongueout.gif




ここは、私の事前調査によると、
pros and cons(良い点と悪い点)がはっきり分かれるお店。。。


良い点は、
やはりeggs benedictが絶品!ということ。
Seattle Weeklyなど、さまざまな媒体で取り上げられています。

悪い点は、
店内が極狭ゆえに、外で行列で待たなきゃいけない・・・こと。
さらに、その待ち時間が長い、ということ。

なので、

今日は朝8時半前に着くように、朝早く出かけたら
ちゃんと座れました。よかった~emoticon-0141-whew.gif
d0172957_4192561.jpg

お店の中には、なぜか昔の映画スターのポスターが飾ってあるけど、
店員さんはパンクな雰囲気。。。
っていうか、キャピトルヒルがなんか全体的に、
パンクなイメージなんですけど。。。




特にbathroom(トイレ)の前の席が、最悪だそうです。。。
だから、そこから一番離れた席に座りました。
これから行く方は気をつけてください。emoticon-0133-wait.gif



あと悪い点は、
parking(駐車場)がないこと!
路上駐車しなきゃいけないんだけど、
ここキャピトルヒル周辺は、どこも路上に車が停まっていて、
駐車スペースを探すのに一苦労でした。
近くに2ドルの有料パブリックパーキングがあったので、
そこに停めるのが早かったかも。



と、やっかいな点もありますが、
それを差し置いても、
ここのエッグズベネディクトは価値ある一品らしい。


とのことで、・・・出てきました!
しかも、注文してから、思ったより早く出てきた。
ここのエッグズ・ベネディクトは5種類あるのですが、
今日食べたのはEggs Blackstone(エッグズ・ブラックストーン)
$12くらい↓
d0172957_4192940.jpg




エッグズ・ベネディクトは通常、
イングリッシュマフィンの上に、
ハムポーチドエッグがのってて、
上からオーランデーズソースがかかってるのですが、

Eggs Blackstoneは、
ハムの代わりにベーコントマト
ここGlo'sのは、さらにほうれん草も挟まっています。
ポーチドエッグはパーフェクトemoticon-0159-music.gifで、
黄味が半熟!
さらに、オーランデーズソースは
レモンがちゃ~んときいていて、
今まで食べた中で一番tart(酸っぱめ)。
酸っぱいといっても、
さっぱり食べられる、ほどよい味です。
トマトもいい仕事をしてますemoticon-0148-yes.gif


hash brown(ハッシュブラウン。じゃがいものサイドディッシュ)も
カリッカリemoticon-0170-ninja.gifで、
全体的に、Cousin'sに比べると、greasy(油ギトギト)ではなかったです。
これはポイント高し!emoticon-0148-yes.gif


ちなみに、
あと4種類のエッグズ・ベネディクトは
-Traditional(オーソドックスなもの)
-Smoked Salmon(ハムの代わりにスモークサーモン)
-California(アボカド入り)
-Florentine(ハムの代わりにほうれん草。ベジタリアンか?)
です。



持ち帰りで、
coffee cake(コーヒーケーキ)も注文しました↓
d0172957_4193386.jpg



生地がしっとりしていて、
温めるとバターが溶けて、香りがいい。
イチゴの酸味がまたあいます。



さて。
ブレックファストを食べ終えて、
イーストサイドへの帰り道。。。
I-90はガラガラにすいていた↓
d0172957_419191.jpg



道がすいていたので、
なんと、
キャピトルヒルから、カークランドの自宅まで、
ハイウェイを
自分で運転しました!!!

やった~!!!ハイウェイ運転できた~!emoticon-0155-flower.gif
助手席にデビブが乗ってたけど。。。
すっごく自信がつきましたemoticon-0115-inlove.gif




◎Today's Shiloh
「ボクのことも、忘れないでね・・・」by Shiloh
d0172957_4193650.jpg

[PR]