カテゴリ:★お知らせなど( 5 )

シアトル日本語新聞『ソイソース』紙上に寄稿させていただいた記事と
一部リンクしました。


3月のブランチ特集の、
寿司割烹 田むら
リルジョン・レストランラウンジ
『カズンズ・カフェ』⇒http://www.soysource.net/gourmet/カズンズ・カフェ/

の3店です。


私のPCだと、
アドレスに含まれている日本語部分が、
どうしても文字化けしてしまうんですね。
なので、先方のサイトにリンクしないで、
アドレスの表示だけしてあります。
お手数ですが、コピペするなどして検索してください。
よろしくおねがいします040.gif
[PR]
みなさま。

しばらくブログを更新していませんでしたが、
その間、コメントやメールなどでご連絡くださった方々、
本当にありがとうございました。

こんなに読んでくださってる方がいるんだ、
と、とてもうれしかったです。
大変遅くなりましたが、お礼を言わせてください。


私は元気です。
ご心配をおかけしてすみません。
ちょっと疲れてしまったので、ブログをやめて、
実生活に集中して、リフレッシュしていました。
4月に入って季節もかわり、
また書きたいと思えるようになったので、
ブログを再開しようと思います。


こんな私ですが、
よければまた読んでもらえるとうれしいです。
これからもどうぞよろしくお願いします。040.gif




◎うちの、ゴ・ハ・ン!
今朝食べたもの。
ホットシリアルとコーヒー。
シリアルのトッピング用に、カットしたバナナと、
デビブの飲み友達が手作りしたというローカルハニー↓
d0172957_184895.jpg



今日試したのは、Bob's Red Mill(ボブズ・レッド・ミル)の10 GRAINという種類。
10種類の雑穀を砕いたもので、
水と塩とこれを鍋に入れ、10分ぐつぐつ煮て完成です。
米じゃないおかゆみたい。つぶつぶした食感が面白い。
ちなみに、おかゆっぽいので、梅干もあいました。



私は朝起きた直後はいつも軽い吐き気があって、
朝ごはんを食べられない体質なのですが、
甘くないホットシリアルなら、まぁまぁ食べられることがわかりました
(甘いインスタントのやつは、やっぱり「うえっ!」となる)。
ハチミツならマシだけど、やっぱ少量でいいや。



数ヶ月前からいろいろなメーカーのオートミールを試してみて、
このNature's Path(ネイチャーズ・パス)のものがお気に入りに。
原材料がオーツと塩だけだから、甘くなくていい。
でもNature's Pathのやつだったら、
ジンジャー&クランベリー味とか、甘味があっても食べられるかな

d0172957_185234.jpg



Nature's Pathはグラノーラもおいしい!
ドライシリアルの中では、これが今のところ一番好きです001.gif
d0172957_185713.jpg

[PR]
こんにちは。
今日は、お知らせです。


昨年からぼちぼち続けている、
新しい野菜に挑戦!』シリーズですが、
このたび、
シアトル・ローカルの日本語情報紙Soy Sourceソイソース)さんに、
取材・掲載していただきました。
2012810日号です↓
d0172957_5315656.jpg



機会がありましたら、ぜひご覧くださいね。

ブログにのせたお料理数品の
レシピも掲載してあります↓
d0172957_528213.jpg


ソイソースさん、
どうもありがとうございました。
これからも、もっと野菜の開拓を続けていこうと思います!066.gif
d0172957_5281893.jpg


[PR]
シアトル時間の310日午後946分、
(日本時間の311日午後246分)
東日本大震災の犠牲者のための黙とうをささげました。


政府インターネットテレビで
東日本大震災一周年追悼式の中継を見ることができたので、
テレビにつないで、
滞在中の母と弟、そして私とデビブの4人で
見ていました。


一年前のあの日は、
寝る前に
地震のニュースを少しきいていたけど、
「またいつもの地震だろう」と、そのまま寝たのでした。
翌朝5時ぐらいに、
心配したミネソタのデビブ父(時差があるのでミネソタは7時とか8時だった)
電話でたたきおこされたせいで不機嫌になり、
「大丈夫、いつもの地震だよ~」とは答えたものの、
その後、テレビをつけてみたら、
あの津波の光景が繰り返し流されていて、
ササーッと一気に目が覚めたのでした。


シャイロがいたからまだよかったけど、
あのあと一週間泣き続けたなぁ。


テレビで東北の方言をきいていたら、
アメリカに来て初めて
ものすごいホームシックになった。
そして、
自分が日本にいないという罪悪感で
心がいっぱいになった。


デビブが、私を慰めるために、
花束を買ってきてくれたけど、
それに菊の花が入っていたせいで、
「なにこれ!お墓の花だ・・・」と、
よけいに涙が出たなぁ。



泣いてばかりじゃいけないと、
とりあえず心の区切りをつけて
いつもの生活に戻ったけど、
正直いって、
自分の生活がこれでよいのか、という気持ちを
ずっと持ったままです。



家族も無事で、今アメリカにいる自分ですらこうなのだから、
日本で家族を失った方々、原発で避難した方々など、
もっともっと、そういう宙ぶらりんな気持ちなのだろうと思う。
だけど、生きている人は、
イヤでも前を向いて歩いていくしかないのだろう。。。



あのときの想い、今の想い、
311の記憶、
すべてを忘れないように、
これから生きていかなければ、と思いました。
[PR]
こんにちは。マスミです。
このたび、夫デビブとシアトルへ引っ越してきました。


大好きだったオレゴン州の町Eugene(ユージーン)と一週間前にお別れして、心機一転。
ワシントン州はKirkland(カークランド)から、シアトル圏での生活日記を発信していきたいと思います。
よろしくです!




Kirkland(カークランド)のダウンタウンにある、Heritage Park(ヘリテージ・パーク)にて。Lake Washington(ワシントン湖)に沈む夕日がきれい。
d0172957_14341033.jpg







■その公園から、Downtown, Seattle(シアトルのダウンタウン)の高層ビル群も見えました。
d0172957_143449100.jpg



[PR]