カテゴリ:★アメリカ文化( 34 )

デビブと最近行ったのがココ。貸衣装屋さん↓
d0172957_16123545.jpg


なんで貸衣装屋なんかに来ているかというと、
実はいま、
1920年代シカゴのgangster(ギャングスタ)と、
その女flapper(フラッパー)の衣装を探しているの。。。↓
d0172957_16123861.jpg



デビブの会社で来月クリスマスパーティーがあるんだけど、
ドレスコードがそれなんだもん・・・!

(で、そのギャングスタとフラッパーって、こんなかんじ↓)
d0172957_16224237.jpg


※画像コチラから借りました⇒Glass Slipper Costumes.com



70年代、80年代なら、
そこらへんの古着屋できっと探せるだろうけど。。。
(ユージーンに行けば、リアルヒッピーの服が手に入るのに・・・)


1920年代の服なんて、
そんじょそこらじゃぁ、もう売ってませんって!
(なにげに100年近く前だし・・・)


どんな服がフラッパーなのかもよくわからず、
貸衣装屋で着てみることに・・・↓
d0172957_16124185.jpg


「なんか、Egyptian(エジプト人)みたいじゃない?」
って、店の人に正直に言っちゃったよ。

店の人はさすがに衣装に詳しくて、
That's absolutely the 1920s.(それって1920年代そのものよ)」
だって。



どうも、1920年代のドレスっていうのは、
ウエストがキュッと絞られていなくて寸胴であること、
肩がでていること、
がポイントらしい。
(たぶん、もっと特徴があるんだろうけど)


でもね、
このドレスと、ロンググローブと頭につける羽飾りも全部ここで借りると、
65ドルもかかるの!


だから、多分ここでは借りないかな~。


それで、だめもとで近所のパーティーショップへ行ってみたの↓
d0172957_1612247.jpg


1920年代って、なかなかないね。
一着あったけど、45ドルもするの。

あーあ。
70年代でよければ、週末ユージーンで買ってくるのに・・・
(70年代になぜか食いつく私)


デビブも、ギャングスタの格好、ちょっとあきらめ気味で、
こんなの見つけて喜んでるし↓
d0172957_16122774.jpg




というわけで、
今回のThanksgiving休暇は、
ユージーンでヴィンテージ衣装を探す、というミッション追加です。。。
ブラックフライデーどころじゃないわ。


それではみなさん、
来週明けまで、ごきげんよう。
[PR]
このごろ無性にpie(パイ)が食べたくて、
apple pie(アップルパイ)を作りました。
今回、生地作りはめんどかったので市販のものなりー
d0172957_673773.jpg



パイ用に、この酸っぱめなgranny smith apples(グラニースミスアップル)を買ってきたんだけど、最近買い物のときに妙に気になることがあります・・・↓
d0172957_673410.jpg


よくアメリカのgrocery(スーパー)で、
まだお金を払ってもいないチップスの袋を店内でおもむろに開けて、
パクパク食べながら買い物している人がいるんですよ。
レジで「どうせ払うからいいでしょ」ってかんじで堂々と。


「ゆるいな~。
でも、ま~、店の人がよければいいのか」
と、ここまでは普通に思っていたんですよ、、、。

045.gif 045.gif 045.gif

でも、最近気になることっていうのは、
店のリンゴを子どもに食べさせている人。
(これも買う前のリンゴね)071.gif


これも「どうせ後でレジで払うから」ってことなんだろうけど、
リンゴって、チップスの袋と違って、
パウンドいくらの量り売りだから、
食べた分軽くなって正確に計算できないと思うんですよ・・・008.gif


それでもいいのかー、店!!?


ちなみに、
granny smith apples(グラニースミスアップル)の
grannyって、"おばあちゃん"ていう意味だから、
"スミスおばあちゃんのリンゴ"になるんですが、
パイのレシピを探しても、
「○○おばあちゃんのアップルパイ」っていうのが結構あります。
日本には「おふくろの味」っていう言葉があるけど、
アメリカでは「おばあちゃんの味」なのかなー、
ってちょっと思いました。




下は、リンゴに全然関係ないけど、
最近ヒットのcouscous salad(クスクスサラダ)でーす↓
d0172957_672473.jpg

[PR]
アメリカの駐車場って、
前からそのまま突っ込んで停めることが多いと思います。

日本は、出るとき楽なように、
バックで入れて停める人が多い気がするけど・・・。

これって、何でだろう?
お国柄の違い?
ってずっと疑問だったんだけど、
先日こういう看板を見つけたの↓
d0172957_10442720.jpg



Nose in parking only(頭から入れる駐車に限る)

そこまで書いてあるなんて!
どんだけ頭から駐車が好きなんだろう、アメリカって!!
[PR]
いま、アメリカでは
2010 midterm elections(中間選挙)が行われています。
大統領の任期がいま2年、つまり中間に来た時期なので、
こう呼ばれているみたい。
といっても、選挙に出るのはsenator(上院議員)などですが。



私はpermanent resident(永住権保持者)なので
アメリカでの選挙権はありませんが、
デビブはUS citizen(市民権保持者)なので選挙権があります。
選挙権の有無は、永住権と市民権の大きな違いです。


で、どうやるかというと、
選挙権がある人に、投票用紙と、州が作った冊子が送られてきます。
これが冊子↓
d0172957_414187.jpg



これに、各候補者のプロフィールや、マニフェストみたいなのがぜんぶ載っているので、
これを読んで誰に投票するか決めます。
自分でいちいち各党のマニフェストを探してきて読んだりとかしないくていいから、楽です。
d0172957_414436.jpg



議員への投票のほか、法律の一件一件に対する投票もあったりします。
例えば、
ある商品に消費税をつける法律があって、
それに対するYES(賛成)かNO(反対)を選ぶことができたりします。


ちなみに、日本の投票用紙によくある、
罷免したい最高裁判所裁判官を選ぶ欄はないみたい。


ワシントン州では、
投票用紙に記入が終わったら、
切手を貼って送ることもできるし、
こういうballot box(投票箱)に入れることもできます↓
d0172957_4135892.jpg



投票箱はいくつかあって、好きな投票箱に入れられるそう。
ちなみに、デビブが投函した投票箱は、
あるショッピングセンターの入り口に置いてありました。



でも、これらの方法は、州によって違ってくるので、
あくまでワシントン州の場合ということで。。。



テレビCMや送られてくるDMでは、
候補者個人の宣伝のほか、
「候補者だれだれは長くやりすぎてるから選ぶのをやめよう」
と足を引っ張るようなものや、
「法律○番にNOと言おう!」とか、
そういうのが多いです。
日本では自民党とか民主党とか党ごとにCMするけど、
そういうのアメリカにもあるのかな?
今のところ私は見てませんが。


11月2日が投開票日なんだそうです。
[PR]