2011年 09月 10日 ( 1 )

久々に、マミーのレシピでlasagna(ラザニア)を作りました。
サラダのミニトマトは私が育てたものなりー016.gif
d0172957_323471.jpg




今日はこのラザニアのレシピを載せてみようと思います。
あ、お袋の味といっても、
イタリアのマンマの味ではなく、
デビブの母親の味ですから・・・ね006.gif



材料はコチラ↓
d0172957_3235410.jpg

Mommy's Lasagna(3-qt=9x13-inch baking dish)
-1 large OR 2 small yellow onion
-over 1lb ground beef OR spinach
-12 lasagna pasta
-1 26oz jar of pasta sauce(marinara sauce)
-1lb cottage cheese
-1lb bag of shredded cheddar cheese
-1lb bag of shredded mozzarella cheese


マミーのラザニア(9x13インチ=3クォート耐熱容器用)
-タマネギ 大1個 または 小2個
-牛ひき肉 または ほうれん草 1パウンド(454g)以上
-ラザニアパスタ 12枚
-市販の26oz入りパスタソース(マリナラソース)1瓶
-カッテージチーズ 1パウンド(1タッパー分)
-すりおろしたチェダーチーズ 1パウンド
-すりおろしたモッツァレラチーズ 1パウンド



まず、牛ひき肉をフライパンで炒めます。
テフロンなら油はひかなくてよい。
ポイント①
肉から脂がいっぱい出てくるので、
それをキッチンペーパーで丁寧にふき取り、取り除く。

d0172957_323574.jpg


そしたら、みじん切りしたタマネギを加え、透き通るまで炒めます。
炒め終わったら、大きめのボウルに移して荒熱をとっておきます↓
d0172957_3235974.jpg


肉を炒めるのと同時進行で、パスタも茹でましょう。
このときオリーブオイルを少し入れて茹でると、
あとでくっつきにくいです↓
d0172957_32431.jpg


茹で時間は、箱に書いてあるとおりです。
茹で上がったら、いったんざるにあけて、
それからなんと水で洗います
他のパスタは絶対水で洗わないけど、
ラザニアパスタは、洗うんですよね~。おもしろい

d0172957_324567.jpg


洗ったら、ざるに広げておきます↓
d0172957_324732.jpg



さて、先ほどの肉とタマネギのやつですが、
同じボウルに、カッテージチーズを全部投入します↓
d0172957_324123.jpg


さらに、パスタソースを投入します。
ちなみに、マミーはRagu(ラグー)っていうメーカーのを使ってた
d0172957_3241570.jpg


全部をまんべんなく混ぜあわせておきます。
これで、具のトマトソース完成↓
d0172957_324222.jpg


ここから、layer(層)を作っていきます。
マミーのラザニアは3-layered(3層)になります。
だから、具のパスタソースとチェダーチーズは3分割
モッツァレラチーズは4分割しておくと便利です(この理由はのちほど)。


ポイント②
まず、並べる前に、パスタについた水分を、キッチンペーパーでよく拭いておきます

d0172957_3242524.jpg


トレイには、油など何も塗らなくてよいです。
パスタを3枚敷き詰めます↓
d0172957_3242741.jpg


具のトマトソース1/3を、パスタの上に平たくのばします↓
d0172957_3243313.jpg



そのうえに、チェダーチーズ1/3とモッツァレラチーズ1/4をまんべんなく広げて・・・↓
d0172957_3243666.jpg



このあとは、
パスタ→トマトソース→チーズを繰り返していきます。

ポイント③
茹でる工程で、パスタがどうしても割れてしまうので、
そんなパスタは中の層にパズルみたいにして並べます。

キレイに茹で上がったパスタは、
一番上にのせるために、取っておくとよいでしょう~↓
d0172957_3244044.jpg


3層かさねて、一番上にもパスタを3枚ならべたら、
残ったモッツァレラチーズを一番上にふりかけます。
4分割したのはこのためでした↓
d0172957_4105159.jpg


横から見ると、けっこう盛り上がっていますが、
焼くとチーズが溶けて、沈みますので、大丈夫です↓
d0172957_4131224.jpg


↑ここまで朝作っておけば、フタをして冷蔵庫に保存しておいて、夜、食べる前に焼いてもOK!


350F(176℃)のオーブンで約1時間焼きます。
ポイント④
最初の40分は、foil(アルミフォイル)をかぶせて焼き、その後フォイルをはずして20分焼くとよいです。

フォイルをかぶせる際は、なるべく表面のチーズにくっつかないように。
フォイルをかぶせないと、
ラザニアの表面がカチンカチンに固く焼けすぎてしまいますので。


こんなかんじになったら、焼き上がりです↓
d0172957_4161846.jpg



焼き立てをすぐ食べると、切ったときにドロ~っと崩れてしまうので、
私はいつも食べる1時間前には焼き上げておきます。
焼きあがったらオーブンから出して、
またフォイルをかぶせて置いておくと冷めないし、
チーズもある程度かたまって、
カットしやすくなりますよん↓
d0172957_4181589.jpg



正直言って、味付けもなんにもしなくてよいんだけど(笑)、
デビブは子供の頃から食べてる味だから、
ホッとするお袋の味、なんだって!001.gif

前もって作っておけるから、
ゲストが来たときなんかすっごい重宝する料理です。
肉の代わりにほうれん草をゆでて使うと、
ベジタリアンにもなります。
あと、食べきれなかった分は、
一食分ずつ切って、ラップに包んで冷凍しておけるから
非常食やお弁当に便利です!




◎Today's Shiloh
「いいにおいがする」
前足、のびのび~ッ↓
d0172957_419136.jpg

[PR]
by masmic2010 | 2011-09-10 04:44 | ★Foods