ユーカット・ラベンダーと、精油の作り方。 -Woodinville Lavender

週末、lavender(ラベンダー)のファームに行って来ました↓
d0172957_119390.jpg



カークランドのお隣Woodinville(ウッディンビル)にある、
Woodinville Lavender(ウッディンビル・ラベンダー)というファーム。
歩いてるだけで、イングリッシュ・ラベンダーの香りがファサ~ッと
体中を癒してくれる↓
d0172957_1191038.jpg




私は、数あるハーブやお花の中でも、
イングリッシュ・ラベンダーが格別に大好き!


眠れないときも、
あの香りをクンクン嗅いでいると
心が落ちつきます。


ここは、U-Cut(自分で刈り取る)もできるみたい↓
d0172957_1185592.jpg




だけど、よく見てみると、
もう結構お花が開いちゃってる。


デコレーション用には、よいのかもしれないけど。


私がここに来たのは、違う目的なので・・・。
U-Cutは今回はパス。


小屋のほうに歩いていってみる↓
d0172957_11101539.jpg




何か、作業をしていた様子↓
d0172957_11105591.jpg




ムムッ!? 
なんでしょう、この"ブンプク茶釜"チックなものは・・・?↓
d0172957_11112495.jpg




と思って見ていると、
オーナーの方が登場。
「このあと、essential oil(エッセンシャル・オイル。精油)を抽出する
distillation(蒸留&精製)やるよ。見ていったら?」
とのこと。
うわ~、気になる。見ます、見ます。



デモが始まるまで、お店をのぞいとこう。


あ、あった、あった!
私がほしいもの。dried lavender buds(乾燥したラベンダーのつぼみ)。
しかも、bulk(量り売り)なのがうれしい↓
d0172957_1112378.jpg




実は今年、ラベンダーを使って、
いろいろ作りたいものがあって、
探していたのでした。
我が家の庭にも、何株もラベンダーを植えているんだけど、
もうちょっと欲しかったの。
このbuds(つぼみ)は、
eye pillow(アイ・ピロー)を作るのに使うつもり。



お店を出ると、日陰にたっくさん
収穫済みのラベンダーが陰干しされていました↓
d0172957_11113488.jpg





いよいよdistilling demo(精製作業のデモ)が始まりました。
乾燥したラベンダーのつぼみを、
さっきの釜に詰めていきます。
デモをやってくれた方が、オーナーさん。
脱サラ?して、ご夫婦でファームをやっているみたい↓
d0172957_11122790.jpg



とんがっている蓋にも、
ギュウギュウにつぼみやら茎やらを詰めて、
こぼれないように蓋をする。
そしたら、隣の器具と専用管でつなぐ。
ちなみに、この装置は、銅でできていて、ポルトガル製なんだって↓
d0172957_11325081.jpg




しばらくすると、エッセンシャルオイルが出てきました!
この奇妙なフラスコも特注で、
上の穴からエッセンシャルオイルが、
下の穴から、ラベンダー水が出て来ます↓
d0172957_1113643.jpg




だいたい、一回の工程で15~20分かかり、
1/2パイントのエッセンシャル・オイルが抽出できるのだそうです。



私も、このエッセンシャル・オイルを買いました。
これで、linen water(リネン・ウォーター)や
自分のリフレッシュ用のmist(ミスト)を
作ろうと思っています。



dried buds(乾燥つぼみ)と精油のほかに購入したのは、
ラベンダー・カモミール・ティー(よく眠れるように・・・)、
クローゼットなどに入れておく、サシェ2つ↓
d0172957_1182230.jpg



最初は「ラベンダーなんて、興味ないよ~」っていってたデビブも
帰り際「いいもの(精製)見られた。来てよかった」と言っていました。
でしょー。

これから、いろいろ作るのが楽しみです016.gif
[PR]