「ほっ」と。キャンペーン

オレゴンコーストに来ました。

ブルーベリー摘みの翌日、
Oregon Coast(オレゴンコースト)へ行って来ました↓
d0172957_0101087.jpg



Eugene(ユージーン)は100度近い猛暑なのに、
コーストはfoggy & misty(霧がかっていて)、涼しくていい気持ち!



まず立ち寄ったのが、
Heceta Head Lighthouse(ヘセタ・ヘッド・ライトハウス)のビーチ↓
d0172957_095196.jpg



目の前の海はPacific Ocean(太平洋)。
Lighthouse(灯台)は工事中でした。

注意書きの看板のところに、この新たな注意書きが追加されていました。
Tsunami Debris Watch
(日本の3・11津波による漂流残骸に対する注意事項)
オレゴンコーストにも、着々と流れ着いているようです↓
d0172957_094478.jpg



ところで、
シアトル周辺の公園のビーチは、
犬は入れないのですが、
オレゴンコーストは犬も入ってよいみたいで、うれしい。
シャイロ、初めてのビーチです。
「あ、歩きにくい・・・」 by Shiloh
d0172957_095554.jpg



シアトル周辺の湖畔や水辺沿いの
素晴らしい眺めの土地は、
大金持ちに独占されている感がありますが、
オレゴンコーストは個人所有できず、
すべて公立公園になっています。
どんな人でも、この景色の前に立てるってところが、
素晴らしいですねemoticon-0105-wink.gif
d0172957_010175.jpg




そこから50マイルほど北上し、
Newport(ニューポート)に来ました↓
d0172957_0102067.jpg



港があって、シーフードの水揚げ場なんかもあります↓
d0172957_0112529.jpg


デッキでなにやらのぞいているデビブ↓
d0172957_0113172.jpg




カニ釣りの最中でした↓
d0172957_0113544.jpg



大きなカゴをザブンと沈めて、わなをしかけておき、
あとで回収するという、単純な方法です。


一日に採れる量や大きさが決まっています。
特に、ダンジネスクラブは大きさが厳しい。
abalone(アワビ)は一日1個まで、一年に5個までだって↓
d0172957_0122375.jpg



ニューポートにくるといつも寄る、こちらのキャンディーショップで
U of O Ducks(オレゴン大学ダックス)味の
salt water taffy(ソルトウォーター・タフィー)を買います。
写真は、新しく試してみたschnozberry(スノーズベリー)。隣にいた若い男の子が興奮して買ってたので、ナンだろうと思い後で調べてみると、映画『チャーリーとチョコレート工場』に出てくる架空のフルーツなんだそうで・・・ベリー系の不思議な味でした
d0172957_0123539.jpg




それから、近くの魚屋さんで、
クラムチャウダーを買って、食べました↓
d0172957_0123997.jpg



本当に涼しくてよい気持ち。
霞がかって見える橋が幻想的です↓
d0172957_012496.jpg



次は、いよいよ最後の目的地へ向かいます
d0172957_0125486.jpg

[PR]