アメリカの選挙投票ってどうやるの?

いま、アメリカでは
2010 midterm elections(中間選挙)が行われています。
大統領の任期がいま2年、つまり中間に来た時期なので、
こう呼ばれているみたい。
といっても、選挙に出るのはsenator(上院議員)などですが。



私はpermanent resident(永住権保持者)なので
アメリカでの選挙権はありませんが、
デビブはUS citizen(市民権保持者)なので選挙権があります。
選挙権の有無は、永住権と市民権の大きな違いです。


で、どうやるかというと、
選挙権がある人に、投票用紙と、州が作った冊子が送られてきます。
これが冊子↓
d0172957_414187.jpg



これに、各候補者のプロフィールや、マニフェストみたいなのがぜんぶ載っているので、
これを読んで誰に投票するか決めます。
自分でいちいち各党のマニフェストを探してきて読んだりとかしないくていいから、楽です。
d0172957_414436.jpg



議員への投票のほか、法律の一件一件に対する投票もあったりします。
例えば、
ある商品に消費税をつける法律があって、
それに対するYES(賛成)かNO(反対)を選ぶことができたりします。


ちなみに、日本の投票用紙によくある、
罷免したい最高裁判所裁判官を選ぶ欄はないみたい。


ワシントン州では、
投票用紙に記入が終わったら、
切手を貼って送ることもできるし、
こういうballot box(投票箱)に入れることもできます↓
d0172957_4135892.jpg



投票箱はいくつかあって、好きな投票箱に入れられるそう。
ちなみに、デビブが投函した投票箱は、
あるショッピングセンターの入り口に置いてありました。



でも、これらの方法は、州によって違ってくるので、
あくまでワシントン州の場合ということで。。。



テレビCMや送られてくるDMでは、
候補者個人の宣伝のほか、
「候補者だれだれは長くやりすぎてるから選ぶのをやめよう」
と足を引っ張るようなものや、
「法律○番にNOと言おう!」とか、
そういうのが多いです。
日本では自民党とか民主党とか党ごとにCMするけど、
そういうのアメリカにもあるのかな?
今のところ私は見てませんが。


11月2日が投開票日なんだそうです。
[PR]